The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自己の麻雀スタイル分析

今回は、過去の自分のデータを記録したものです。
自分のスタイルを分析し、反省するためのもので、
他人から見ると役に立たないデータなので、それでも
見たい方はどうぞ。

<東風・半荘戦 過去50戦の打牌傾向> <自分の順位/全プレイヤー数>
総合       594/1000 37.823/130/190
運(ドラ使用率) 155/250 49.681/130.190
速(平均あがり率)110/250 72.645/130.190
攻(平均あがり翻)161/250 45.836/130.190
防(振込み率) 167/250 43.139/130.190

<東風・半荘戦 全対局での成績>
総合       411/1000 97.526/130.190
運(ドラ使用率) 55/250 101.113/130.190
速(平均あがり率)66/250 95.694/130.190
攻(平均あがり翻)87/250 84.620/130.190
防(振込み率) 202/250 24.930/130.190

〇(運)の数値データについて

最近のデータでは、全対局と比較して、大きくドラ使用率は向上している。
ドラの側を打つことが少なくなったにとなどにより、ドラを手役にからめることが増加。
赤ドラを使った麻雀でのデータなので、競技麻雀でのデータ収集が必要。

〇(速)の数値データについて

全対局と比較すると、少し向上したように思えるが、まだまだあがり率は低い。
手を大きくさせることに注意がいき、正しい牌効率が打てなくなったり、
あがりを逃したりするなど、課題は多い。

〇(攻)の数値データについて

ドラも絡めることが多くなったため、あがり時の点数自体は増加。
しかし、同時に防御が犠牲となっているため、結果的にはプラスマイナス0と
いった感じがする。

〇(防)の数値データについて

全対局よりも、低くなっている。判断を間違えたツッパリや、
高得点を狙ったために、振り込むことが多くなっている。潔いオリと
当たり牌の読みを強化することに課題。

〇全体を通して

全体的には、防御以外のバランスが向上。
しかし、依然としてあがり率は低く、振込みもそれほど防げているわけではないため、
ドラに助けられた、運に頼った麻雀。

〇今後の課題

あがり率を上昇させることが必要。フーロ技術の向上も
必要であるが、相手の手役の予想得点を予想した、ツッパリとオリの
技術の向上、習得が必要。


<三麻 過去50戦の打牌傾向> <自分の順位/全プレイヤー数>
総合 713/1000 7.871/96.471
運(ドラ使用率) 207/250 16.551/96.471
速(平均あがり率)145/250 40.212/96.471
攻(平均あがり翻)172/250 29.839/96.471
防(振込み率) 188/250 23.872/96.471

<三麻 全対局での成績>
総合 637/1000 13.073/96.471
運(ドラ使用率) 216/250 12.936/96.471
速(平均あがり率) 12/250 91.590/96.471
攻(平均あがり翻)188/250 23.754/96.471
防(振込み率)  220/250 11.560/96.471

〇(運)の数値データについて

全体を通して、非常に高いドラ使用率を記録している。
三麻ならではの、大きな手を作りやすさが影響し、自然と
ドラが手役に絡まるためか。

〇(速)の数値データについて

最近の50対局では改善されてきてはいるが、それでも牌効率が
正しくないと言わざるを得ない。あがりもしやすい三麻において、
この数値は深刻。

〇(攻)の数値データについて

やや高めの水準。しかし、手の大きさを重視している分、
スピードが遅くなり、あがり率に影響が出ている。

〇(防)の数値データについて

全対局数と比較して、最近は振り込む確率が高くなっている。
三麻は手役を作りやすいが、振込みやすいこともあり、
当たり牌を読む技術の向上がより一層必要。

〇全体を通して

ドラ使用率、手役の高さ、振込み率は、一定の水準は
保っているものの、あがり率が低すぎる。あがりが少ないため、
点数も伸びず、負けが続く原因となっているか。
スポンサーサイト
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

麻雀 調子のいいときの自分の特徴

完璧に自分用なので、他の人が見てもつまらないかも。

~カンツを使ったスタイル~

俺の過去の牌譜を見てみると、調子のよいときは、なぜか縦に手が伸びる傾向がある。
これは四麻や三麻などは関係なく現れる。

具体的には、配牌時からすでに暗子やカンツが手の中にある。
そのため、壁が見えている訳だから、これを守備に利用したり、
(最も、調子の良いときは何を切っても放縦はない。)
逆にカンドラを増やし、そこからリーチをかけることで、ハイリスクハイリターンの
高火力な打ち方も出来る。そのため、相手を飛ばすことが多い。

調子の良いときの見極め方
①嶺上開花で上がる。
②海底で上がる。
③アンカンしたパイが、カンドラでドラ4になる。
④配牌時から、すでにカンツや暗子が出来ている。

以上のうち、当てはまる個数が多ければ多いほど、調子の良い可能性が高い。
また時間があれば、調子の悪いときも書く予定。
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

麻雀初めて1周年

9月9日。今日は、自分が麻雀を始めた日。

発端は、ダチとしゃべっているときに、ダチが
よく麻雀をしていて、先輩とも麻雀をしていることを
聞いたことから。

大学をやっていくに当たって、麻雀覚えてたら
何かとおもしろくなりそう。そんなことから
始まった。そして、9月8日、アマゾンで、
麻雀を始めるに当たって、何かPSPで麻雀の
ゲームを買って、そこから始めようと決心。
そこで目に留まったのが、「咲-saki-portable」だった。

最初は、やめようかと思っていた。しかし、アマゾンでレビューを
見たところ、咲は麻雀の部分もしっかりしていて、おもしろいという
声がいくつかあった。そして、たまたま半額になっていたこともあって、
咲のゲームを買った。

そして9月9日、咲が届き、さっそくやってみる。
最初は、やっぱり役が分からなくて、カモになっているだけだった。
しかし、麻雀のサイトを見たりして、少しずつ役を覚えていった。

麻雀を始めた人が最初に覚える役として、よく平和が挙げられるが。
自分は違った。俺は一番最初に、一盃口を覚えた。麻雀を始めて
1周年になるが、もっぱら、この役は今ではあまり狙わないようになった。

麻雀を初めて1ヶ月ほど。違うダチに誘われ、麻雀格闘倶楽部を始めるようになった。
そこから、麻雀を打つことの楽しさを感じ、どんどんのめりこむようになった。
麻雀格闘倶楽部は、級位の後に段位を獲得し、その段位は、その人の打ち方によって
ドラを多く使う青龍、あがり率が高い朱雀、役のレベルが高い白虎、守りが堅い玄武に
分けられるが、当時は暇つぶしが主な麻雀を打つ理由だったので、
玄武となった。

そこから、また級位に戻ったり、一時は白虎になった。
しかし、また玄武に戻り、徐々に段位が上がっていった。
麻雀を始めて2ヶ月で、まぐれで支部No3の称号を獲得できたのはいい思い出。

おもに半荘をメインに麻雀を打ち、そして今、黄龍LV2になっている。

麻雀を始めて、批判を受ける事もあった。つい授業をさぼってしまうこともあった。
だが、もちろん、メリットもある。例えば、麻雀を打つことによって、
今まで後先考えずに行動していたが、先のことを考えるようになったこと。
他にも、さまざまなメリットがある。

麻雀を始めて、個人的には良かったと思う、金遣いが荒くなったりもしているが、
それも徐々に修正していきたい。そして、いつか、誰にもバカにされない、
賢い人間になりたい。
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

みかづきの麻雀記 ~玄武黄龍に~

今日、また近くのお店で打ってました。
このお店は、100円で2クレジットのお店で、
昔、短期のバイトをしていた頃に、バイトの帰りにちょくちょく寄って、
麻雀を打っていたお店。
で、ここで今日も打ってたのはいいけど、全然1位になれない。
自分の手も悪くはない。けど、相手に先に上がられてしまう。
結局、店内対戦で自分を磨きなおす事に。
けれど、やっぱり相手に先にツモられたりで、
全然勝てない。もう今日はこれで終わりにしよう、と
思って最後に使った100円。
ここから、急に運がやってくる。
まず、7巡目ぐらいで聴牌し、リーチ。待ちは南。
七対子で、最低でも跳満。
すると、即CPUが南を捨てて、ロン。
そしたら、裏ドラが南で、倍満に。
違うCPUが追い上げてきたが逃げ切り。
次の対局も、手がすいすい進んで、
リーチして、即ツモ。こういったいい流れで、
2連勝。しかし、運はここで尽きる。
手がなかなか進まないし、相手が先にツモる。
そこで迎えた親番。幸いなことに、
あがられて入るものの、まだトップとの差は
2000点だった。ここから、自分の親でちっちゃい手を
こつこつあがり、1位になる。しかし、まだ油断はできない。
オーラス。2位との差は3000点。3位、4位も、俺に直撃させれば、
十分逆転可能。そんな中、また配牌が良くない。
何とか聴牌まではいけたものの、役なし。
リーチをかけても、追っかけリーチをかけられると非常につらい。
そこで、役なし聴牌で流局を狙うことに。
ダマを喰らえば終わり。緊張しながらツモ切りをする。
結果、無事に流局。見てみると、一人を除いて、
全員聴牌。めちゃくちゃ危なかった。
地味だけれども、3連勝。やっと黄龍を召還。
ここまでホントに長かった。
けど、まだまだ強くなりたいし、なれるはず。
もっともっと、上を目指して頑張るのみ。
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

みかづきの麻雀記 ~役満を出す~

今日、また麻雀をしに行きました。
地元に100円で2クレジットのお店があるので、そこでビシバシ。
結果は、今日もいまいちな成績。
ただ、今日は1日に2回も役満達成。
ひとつは、国士無双。今回の国士無双も、最後の最後に達成。
2つ目は、大三元。ホントは染め手だったのですが、気づけば白、發、中を2枚ずつ持っていたので、
そこから大三元を狙い、見事に達成。
思ったのですが、私は追い込まれてからツモがよくなってる気がする。
もしかしたら、機械がビリだったら、いい手を引かせるように組み込まれてるのかもしれませんが、
それでも役満達成はうれしい。今日は、ドラ11という記録も達成。
まだ黄龍にはなれない。早く3連勝したいな~…
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。