The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

麻雀格闘倶楽部 ~亀、暴れる~

今週の金曜日、学校帰りのゲーセンで、ちょっとした気分転換に1時間ほど麻雀。
今回は、かなり調子良かったです。ホントについてました。
もっとプレイしたかったのですが、テスト勉強やらないといけないため、
規定時間きっちりで終わりました。そしてその帰りJR人身事故でひどい目にあいましたw

最初の東風戦。
久々の、玄武段位者としての対局。YouTubeで「プロの一手」ってのをちょっと見て、
それを少しまねて対局してみたら、かなり絶好調。最初の1局目、早々に平和聴牌。
しかし、それは実らず、結果流局。しかし、2人がノーテンだったため、2位に。
2局、相手の朱雀の人がリーチ。私はそのとき、その人よりも先にリーチをかけていました。
その後、朱雀の人がツモ。跳満をあがられ、6000オール。
ここで私とその朱雀の人を除く2人はライフが尽き、脱落。
その次の2本場。またまたいい感じに手が仕上がっていきます。
タンヤオがイーシャンテン。すると、CPUの上家がリーチ。
1位の朱雀の人はベタオリムード。筒子3が現物だったため、どんどん捨てていってました。
ここで、筒子2をツモ。筒子3待ちの聴牌に。
そのとき、河を全然見ていないという失態をしてしまいましたが、
でかい手であがる必要があり、癖のせいもあって、速リーチ。
すると、一発はならなかったものの。1位の朱雀の人が筒子3を放銃。
それであがり、跳満に。親の1位の朱雀の人が33500点、私が2位で26500点に。
差を7000点とし、マンガンをあがれば逆転に。しかし、その後、CPUの安手ラッシュにあい、
2位で対局を終了しました。

その次の東風戦。
まだまだ調子は衰えず、どんどん手が進んでいきます。そして、東1局、またタンヤオ聴牌。
でかい手を狙い、リーチ。両面待ちで勝負。しばらく、相手の人は現物をうち、なかなか
あたり牌を捨ててはくれません。すると、当たり牌をツモ。
これで跳満をあがり、31000点の単独首位に。
その後、相手の人も仕掛けてきますが、下家の朱雀の人が安手であがっていき、
誰かがリーチをかけても、流局になるか、その朱雀の人がダマで安手で。何とか守りきりました。

その次も東風。
私以外の3人は全員白虎の人で対局。
早々に、私の対面の人がリーチをかけてきます。わたしの手は、まだ完成してはいませんでした。
しかし、手がリャンシャンテンだったので、守りにくくなりますが鳴いて役牌ダマ。
すると、下家の人が捨ててくれたので、それをロン。非常に安手ですが、役牌ドラ1で2000点。
その次の東風2局。誰もリーチをかけず、流局になりかけでした。しかし、わたしの上家の人が
面前ツモであがります。ですが、1100点のすごい安手。私は300点引かれただけでした。
その次の対局。また誰も上がりそうになく、さっきと同じような雰囲気になっていると、対面が
またまた安手であがります。私はそれで2位に下がりましたが、トップとの差はたったの100点。
僅差での勝負となりました。その後、迎えたオーラス。100点を追うという、ダマが怖い展開。
そのなかで、1位の人が、その100点差を流局で私のノーテンを狙ったのか、リーチをかけてきました。
私の手牌は結構危険なにおいがするものばかり。段々とあがりから遠ざかってしまいます。
しかし、私の下家の人が動きます。そのリーチがかかっているなかで、私の上家にロン。
それも、またまた安手。4位の人が3位の人にロンしたため、結果的にリーチをかけて失った
1000点のおかげで、私が1位で勝利。そのときの点が、21200点。
結構不思議な対局でした。

その後、もういっかいだけやったのですが、それは相手の1人が独裁的状況に。
私は2位で、そこで時間的に厳しかったのでオーラスまで打って終了。
結果、対局数は計4回で、1位2回、2位2回でした。
今回は調子がホントに良かったです。しかし、それも運の要素が強かったような気がします。
なぜなら、私の読みは今回はことごとく外れていて、放銃していたかもしれなかったからです。
やっぱり、まだまだ弱い私なのでした。
スポンサーサイト
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

疲れたぁ~…

テスト前半戦終了。結果はボロボロ;;
マジで今回単位ヤバイです;;
私は法学部なんですが、2回生になって、お情け認定が大量に増え、そしてもっと怠惰な生活に。
このままではいけない!と思ってがんばってもなかなか成績に出ない。
勉強とかだと、そういうことが結構あるのに、それが原因でへこんで、次のテストに支障でたり。
この悪循環をどうにかしなければ、ホントにまずい。
後半は、私の苦手な民法のテストに、前期はお情けではないものの、ぎりぎり認定の行政法。
さらには、後期になって難易度急上昇のスペイン語。
まだまだオンに顔出すことは出来なさそう…;;
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

テストに伴うオンライン休業

1月になってから、なかなかオンラインに顔を出すことが出来ず、フレの方や、クランの方々に
迷惑をかけてしまっているかもしれません。
今週の火曜日からテストが始まり、2月までもつれ込むことが確定しておりますので、
それまでしばらくオンラインに顔を出せないと思います。
多くの方にご迷惑をおかけしてすみません。
テストが終了したら、オンラインに顔を出すつもりですので、よろしくお願いします。
ブログの方は、できる限り継続したいと思っています。ですが、オンラインはついつい時間を忘れて
没頭してしまうと思うので、控えるようにしたいと思います。
ホントに申し訳ないです;またオンラインに顔を出すようになったら、よろしくです^^;
PS3 連絡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

麻雀格闘倶楽部 -白虎落ち、戻ってきた玄武-

もう2日に1回はやらないと気がすまないぐらい、ちょっとやばい麻雀中毒になってる自分。
しかし、結果は悲惨なもの。取り戻そうとして、さらに負けが増えてしまう悪循環。

最初の東風戦。
久々に打つ大学の友達との麻雀。
しかし、結果は散々。友達に先制リーチをかけられ、早くも意気消沈の俺。
相手に先にリーチをかけられると、ほぼ100%ベタオリしていた。
それではダメだと思って、攻めても放銃。この繰り返しだった。
けれども、今回も攻めた。すると、俺には珍しく、聴牌で流局。
なぜだか、相手の当たり牌が分かった。
多分、勘がたまたま当たったのだと思うが、俺が注目していたのは、
相手のリーチ宣言牌。それが筒子8だった。頭の中では、
場に出ている牌の数は覚えてない。ほぼ考えなしの勘だった。
俺が予想したのは、筒子4,7の両面待ち。
すると、それが見事に的中。放銃を回避できた。
しかし、その後、あがることができず、結局3位。

次も東風戦。
友達とは別で対局することに。すでにオーブは初期の3個まで落としてしまった。
段位別で対戦していたので、相手は自分と同じか、それよりも格上の2、3段。
始まってしばらくして、相手がリーチ。すると、相手の1人が追っかけリーチ。
リーチ後回ってきた俺の順番。俺もリーチをかけることに。
それから2巡ぐらいして、回ってきた俺の番。ツモは筒子6。リーチをかけてるから
当然危なくても捨てないといけない。そしたら見事にロンをくらう。
しかも、ダブルロン。さらに悪いことには、両方ともマンガン。
16000点を失う。その後もさっぱり。相手にツモられ、最終的に残ったのはたった400点。
この対局でオーブが2つに。

しばらくしてまたまた東風戦。
すでにオーブはすべて失い、1級に戻っていた。しかも、その後もうまくいかず、
なかなか段位に戻ることができないまま、足踏みをしていた。
そして今日はこれで最後にしようと思って迎えた東風。運は俺に味方した。
東1局。俺の向かい側の人が親。その親が開始早々マンガンツモ。
1位32000点。俺は16000点。この時点で、その日は負けがこんでいたので、少しあきらめていた。
そしてその親が流局で流れ、俺に回ってきたときは、俺は14000点ほどだった。
ここで俺は普段とは違う打ち方をしてみることに。
俺は他の人とは違って、結構字牌を最初に捨ててしまう。
相手が後々それを当たりにしてリーチをかけてきたことがたびたびあったからだ。
しかし、今回は字牌を残して打ってみることに。
すると、最初の親番で役牌完成。最終的に、役牌とドラ1ぐらいであがった。
そこから勢いに乗って、どんどん役牌やタンヤオなどの安手に、ドラを乗せた手が完成。
親番が3、4回ほど続き、1位の人は32000点をキープしていたのに、俺がどんどん他の人から
ロンをあがって、俺が36000点で1位に。
その後は、他の人が安手であがり、オーラスへ。
最後に、さっきまで親だった人がツモであがったが、2000点ほどだったので、俺にはわずかに届かず、
何とか俺が1位で通過。そして段位に昇格。
正直、放銃も結構していたし、高い役もそんなにあがれなかった。
上がり率も高くないし、ドラもそんなに使っていない。四神は何になるだろうと思ってみていたら、
懐かしい姿が。玄武。防御型のうち筋の人がなるといわれている四神。
正直、玄武に戻りたいと思っていた俺にとっては、うれしかった。
その後、1度東風戦をやったが、3位。その日はそこで終わり、玄武になって終了。

まだまだ俺は麻雀は弱い。しかし、徐々に相手の当たり牌が分かるようになってきた気がする。
しかし、分かるようになっただけでは麻雀は勝てない。
もっともっと、強くなりたい。
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

変化したこと

大学なってからやたら金遣いが荒くなっちゃいました。
高校の時は、少しの金でも節約してたのに、大学に入ってから、豪快に金を使うようになりました。
やっぱり、大学生活で授業とかをしょっちゅうサボるようになったりして、堕落していってるせいかな?
高校の頃は授業をサボることなんて当然できないし、まじめにやらないと鉄拳制裁でしたし。
今の生活は堕落しきっちゃってるので、高校の頃のようなきびきびした生活に戻らないとって思う
今日この頃なのでした。
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

Xbox360のフィールド

思ったんですが、360ってまだまだ洋ゲーは多くリリースされてますけども、
日本のゲームメーカーはほとんど独占タイトルを発売しなくなった気がします。
確かに、アイドルマスターやドリームクラブといった、360独占の日本製ゲームはまだまだ存在します。
しかし、これらの多くは、ギャルゲーであり、万人向けに作られたものではないのです。
そして、こういったゲームが多くリリースされ、360のユーザー層はだんだんとマニアックな人の割合が
増えてきてます。追い討ちをかけるように、360はヘッドセットがプレミアムゴールドパックなど、
色んなものに付属していますが、それは、オンラインでの暴言を吐いたりする人の増加を招いてしまいました。
マナーの悪い人の増加は、オンラインにデビューしようとする人の数の低下につながります。
名作として名高い、GoW2(ギアーズオブウォー2)やL4D2(レフト4デッド2)は、現に、ゲームそのものは
とてもおもしろいのですが、オンラインのマナーの悪さが主たる理由で、評価が下がってしまっています。
そして、初心者さんお断り、今やっているのは上級者、しかもマナーの悪い人も多く混ざっています。
結果的に、オンラインには行かない人が増大してしまいました。
こういった状態を改善しないと、360はPS3やWiiにどんどん差をつけられていくのではないでしょうか。
確かに、360は次世代のゲームを安い本体でプレイできるというメリットがあります。
しかし、それだけでは不十分なのです。もっと多くのユーザー層を獲得し、ユーザー総数を増やす必要が
あります。その点では、Kinectはファミリー層を取り込むのにはうってつけでしょう。
ここでどれだけ多くのユーザーを獲得できるかが、今後の360の行方を左右するのではないでしょうか。
今の360のユーザーは、PS3やWiiと比べ、かなりのヘビーユーザーが多いです。
その人たちとライト、ミドルユーザーをどうやってうまく融合させるかも重要だと思います。
色々と分かりにくくて長い文章を書きましたが、何が言いたいのかというと、
もっと360には頑張って欲しい、ということです。私はPS3やWii、PSPやDSといった、全てのハードに成功し、
多くの人たちにゲームで笑顔にしてあげてほしいと思ってます。
しかし、現実には、それはなかなかうまくいってません。
360は比較的遅れを取っていると思います。
なので、360のいいところ、例えば、PS3のゲームと比べ、ローコストで生産可能なことを生かして、
もっと活気のあるハードにしてほしいです。事実、今、アルケミストや5pb.といったメーカーが、
360で頑張ってますが、まだまだ数が必要だと思います。
新人を発掘し、携帯ゲーム機ではなく、家庭用ゲームハードの世界にデビューさせるには、
360はうってつけのハードではないのでしょうか。
長々と稚拙なゲーム業界を目指す未熟者の意見でしたが、
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
ゲームメーカー | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゲームのスタイル

今日はリアルの方でまぁ~た懲りずに麻雀やっておりました!
結果は…聞かないで;;悲しくなるから;;w
でも、前よりかは少しぐらい上達した感じはありますね。
んでもって、ふと思ったのですが、やっぱりゲームはその人の性格を表しますね。
例えば、私の場合、普段から何も考えずに行動して、ドジやらかして、ひどい目にあうことが多いです;;
ゲームでも、それがよく出てるな~ってつくづく思いますねw
MAGとかだと、芋がいるって分かってるのにふらふら~と出て行ってHS(ヘッドショット)されることがしばしば。
んで、次もなんとなく「突撃じゃー!」って突っ込んで、蜂の巣にされたりw
ようは、私はバカで単純なんですwそんなこんなですけれど、でも結果的にやっぱりゲームが好きですw
ゲームはみんなで楽しんでなんぼですしw
一人でRPGとかもいいですが、たまには昔の友達とか誘ってわいわいしたいですねw
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

マズイ…

テスト勉強進まない;;というかする気が起きない!
来週から地獄の1週間が始まるというのに、気がついたらゲーセンで麻雀やってるんですよねw
貯金もしないといけないのに…でも気づいたらやっぱり麻雀w
んでもって、ドカーンといろんな意味で、でかい雷くらってるんですよねw
PS3の方にも顔出さないと;
じゃないと、またSさんに「アンタオンこなさすぎなんですよw」ってどやされるw
事実、T.Mの悪いところはリーダー任されてる私が幽霊なことですしw
まぁ、それでも何事もなく平和なのがT.Mのいいところなのですけどねw

プライベート | コメント:2 | トラックバック:0 |

MAG 立ち回り方 ~妨害 コッパー丘 攻め A地点~

長い間更新してませんでしたが、今回は元ベイラーの基地、
通称「芋養成所」コッパー丘の攻め方について、私なりの
攻め方を書かせていただきますね。

A地点

コッパー丘全体に言える事ですが、テントなどが多く、門を曲がった際に敵とはちあわせすることが
たびたびあります。また、その呼び名のごとく、色んなところから芋がスナイパーで攻撃してきます。
それは敵味方関係なく、攻める際は何らかの対処が必要となってきます。
コッパー丘A地点は、比較的見晴らしがよく、芋にとっては絶好の狩場となっています。
そのため、前から左右からの芋の攻撃が非常にうっとうしいです。
特に、敵のリスポン付近の岩場の上からの攻撃や、攻撃軍から見て右側にある教会からの攻撃には
十分注意が必要です。
それでは、今回の私なりのコッパー丘A地点の攻め方ですが、
今回は正面やや左の、建物の下をくぐっていくルートを使います。
まず、始まったら、攻撃軍から見て真正面に貨物列車、そしてその左横に、小さな建物があり、
その下をくぐれるようになっているかと思います。
私がオススメするのはこの下をくぐっていくルートで、なぜこのルートなのかというと、
このルートは比較的芋に狙われにくく、私の経験上、この下をくぐっていくと
かなり高い確率でパネルまでたどり着くことが出来ます。
この下をくぐっていったら、今度は右斜め前に、また貨物列車の車両が1台あると思います。
この横を、攻撃軍から見て貨物列車の左側をとおり、貨物列車の後ろまで行ったら、
今度はパネルのほうを向き、付近の敵の後ろから奇襲をかけます。この際、近くに芋がいることや、
敵の増援が接近中のこともあるので、タイミングを見計らって奇襲するといいです。
それと、できるだけナイフでの排除を心がけるといいです。そうすると、一部の敵は気づくでしょうが、
半分以上の敵が、後ろを取られている、ということを気づかないからです。
排除が終わったら、今度はパネルを取りに行きますが、味方が来てないなら引きかえして、また最初から
裏取りしに行ってもいいと思います。
頃合を見て、パネルを取りにいきますが、この際注意が必要なのは、このパネルのある建物内は。高確率で
上に芋がいるうえに、攻撃軍から見て、左方面から芋が攻撃してくる可能性が高いのです。
また、地雷も仕掛けられている可能性もあるため、十分な注意が必要です。
芋対策には、スモークグレネードで煙幕を張るのが効果的です。また、余裕があるのなら、
その煙幕を張っている最中に地雷を仕掛ければ、今後敵が取り返すのに少し時間を稼げるようになります。
また、パネル上のはしごを上った先に芋がいますが。大半の芋は、のぼったはいいものの、敵が7たくさんいて
降りようにも降りられず、結果上で芋の続きをするか、上で何かモゾモゾしてるだけなので、
そんなに警戒しなくてもいいかと思います。また、パネルを取ったら、
敵のリスポン方面側の壁に、若干隙間がありますので、ここから弾幕をはって、敵を近づけないようにすると、
防衛戦術としては効果的です。ただし、先ほども言いましたが、拠点内にいても、敵の芋の脅威にさらされるので
パネルを取った後も、十分な警戒が必要です。

①左側の、建物の下を潜り抜けて進むルートを選択
②頃合を見計らって拠点付近の敵に後ろから奇襲
③状況がよければ、そのまま拠点制圧。味方が少なければいったん戻ってまた最初からやり直す。

以上が、私なりのA地点攻め方になります。
今回、ちょっと説明が雑になっちゃったかな;
どうも説明するの下手だなぁ私は…;
また意見などがあれば、聞かせてくださいね~^^;
PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |

傷痕

10年以上も昔の今日、それは起きた。
一瞬で多くの命が失われて、多くの人が絶望した。
そのとき、俺はインフルエンザになっていて、最悪のタイミングだった。
朦朧とする記憶の中で、少しだけ覚えてる。そのときのことを。
けれども、その記憶のほとんどは、今は心の奥深く。取り出したくても、取り出せない。
しかし、それが起きた事は、現実だと知らしめるものが、俺の体には刻まれている。
あのとき、右目も置いていきそうだった。けれど、右目は戻ってきた。
多くの人の、たくさんの支援で。しかし、俺の額には、傷痕が残った。
この震災を忘れないように、ということなのか、どれだけ年月が経とうとも、
この傷は決して消えることはない。俺はこの先、ずっとこの傷と共に生きていくのだろう。
そして、俺はしっかりとそれを受け止めなければならない。
なぜなら、この傷は、震災で多くの人に助けてもらった証拠なのだから。
震災が起きたという証拠なのだから。
阪神淡路大震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

プライベート | コメント:4 | トラックバック:0 |

寒さの影響?

今日360を起動しようとしたら…ディスク読み取ってくれない;;
なぜ?とうとうお亡くなりになられた?
レンズが調子悪いのかな?まぁ、とにかくどうにかしなければ。
もし本格的な故障だとしたら、壊れるの早すぎるよ~…
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

MAG うまくなるためのちょっとしたコツ

今回、私なりにですが、撃ち合いで生き残る確率を上げたり、
キル数を上げたり、デス数を下げたりするちょっとしたコツを、思いつく限り書いてみたいと思います。
今回はその第一弾です。

①自分に合った武器の選択

当然のことですが、それぞれみなさんには自分の得意な武器、好きな武器、自分に適した武器があります。
もちろん、苦手な武器を使っても、しっかりと使いこなせていればそこそこ結果は出せます。
ですが、手っ取り早く結果を出すためには、自分に合った武器を見つけ、それを使うのが一番です。
では、どうすれば見分けがつくのか。ちょっと考えてみた質問があるので、1番自分に該当するものを1つ選んでみてください。

1、どんな状況でもある程度は戦えるようになりたい。
2、前線に行って派手にあばれたい。
3、仲間の支援をして貢献したい。
4、隠密行動で、敵を錯乱したい。
5、一撃必殺の武器を使いたい。

1を選んだ人…合った武器・アサルトライフル、マシンガン、サブマシンガン
このタイプの人は、様々な局面を想定した装備を必要としているため、カスタマイズ性の高いアサルトライフルが
適しています。また、撃ち合いでも弾切れしないマシンガンなども向いています。どんな状況にもある程度対応できますが、器用貧乏であるため、やや他の特化した能力を持つ人には弱いです。

2を選んだ人…合った武器・アサルトライフル、マシンガン、ショットガン
このタイプの人は、とにかく多くの敵を殺すことを至上としているため、マシンガンがもっとも適しています。
前線に行くことがしょっちゅうなので、勇敢で芋ることは低いですが、裏取りなど、相手の奇襲には脆いです。

3を選んだ人…合った武器・アサルトライフル、スナイパーライフル、サブマシンガン
このタイプの人は、前線から一歩距離を置いた場所から、味方の支援をする人で、遠距離用の武器である、スナイパーライフルが適しています。敵の芋の排除など、味方からありがたく思われることもありますが、一歩間違えると、こちらも芋と変わりませんので、注意が必要です。

4を選んだ人…合った武器・スナイパーライフル、サブマシンガン、ショットガン
このタイプの人は、裏取りなどを得意としており、闇討ちで敵に大ダメージを与え、混乱させることができます。サイレンサーを装備でき、リロードも速く時間の短縮が出来るサブマシンガンがもっとも適しています。
索的能力が高いことが多いですが、相手との撃ち合いは少し苦手かも知れません。

5を選んだ人…合った武器・マシンガン、スナイパーライフル、ショットガン
このタイプの人は、火力の高い武器を好む、いわゆる重装タイプの人です。うまくいけば一撃で相手を葬ることができるショットガンが向いており、調子のいいときは鬼のように強いです。重装備を好むため、非常に打たれづよく、堅いのですが、移動速度が遅いので、軽装の敵に少し弱いです。

とりあえず、まず最初は、武器の選択を書いてみました。私個人の意見なので、間違っているかも知れませんが、
少しでも武器選びの際に役立ててもらえれば幸いです。
PS3 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ピンチ

思ったら、もうテスト勉強期間。
風邪治んない…どうしよう;;
しかも、まだ全然何も勉強してない;
前期もそんな感じだったかな…;
後期は何とか単位全部取らなければ!
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

そういえば

もう大学も折り返し地点を過ぎました;
ホントに大学生活は時間が経つのが早いですね~;
大学入りたての頃は、地獄の勉強詰めだった男子校生活からの解放とかで
ちょっと放心状態だったんですが、そこからもう気づいてはや2年近く。
男子校を卒業して大学に入ると、大学の女の子がみんな可愛く見えるという、
意味不明の症状を当時は抱えながら、今に至って。
…何にも成長してないな、自分^^;
むしろどんどん堕落してきてます;;
就職超氷河期だし、気を引き締めねば!
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

MAG 立ち回り方 ~妨害 シルダリヤアップリンク C地点 攻め~

前の記事の更新から結構遅れての
立ち回り方シルダリヤ編最終章です。
シルダリヤは全般的に攻めにくく、
AとBに比べればCはまだ脆くなったと
言われていますが、それでもまだまだ
何も考えずに特攻したところで勝てる
拠点ではありません。
Cで必要なのは、とにかく人数です。
それを如何にしてそろえるか、今回は
私なりの攻め方を書きたいと思います。

C地点

シルダリヤC地点は、他のC地点と違い、
敵の増援がCに来るルートがほぼ
限られているMAPです。
そのため、そのルートを使えなくすれば、
比較的優位な状況に立つことができます。
しかし、なかなかそれができないため、
落とすのに苦労することが多いです。
敵の増援は、だいたいはCにかかっている
左右の橋からC内部に入ってきます。
この橋を抑えることができれば、
勝利はグッと近づくと思います。
では、今回、私がオススメする具体的な
ルートは、難易度が比較的高いのですが、
攻撃軍から見て正面左の、左にある橋の
付近にある入り口から侵入するルートです。
なぜ、今回、このルートを選んだかというと、
比較的人数がそろえやすく、守りが少し薄い
からです。しかし、それでも結構堅いので、
油断は禁物です。
攻め方ですが、まず最初に、敵の芋スナの攻撃に
注意が必要です。結構色んなところから攻撃
してきますので、何もせず垂直降下していると、
確実に芋の餌食になってしまいます。
そのため、パラトルーパー(パラシュートで降下
中の状態)のときは、できるだけ左右に移動して、
狙いを定めさせないほうがいいです。
着地しても、芋の脅威は続きます。
真正面を見て、奥のほうに、パネルの上に橋が
かかっていると思います。そこから、結構な確立で
LMGやAR、スナイパーが攻撃してきます。
なので、真正面を移動する際は、付近にある鉄道の
陰などに身を隠しつつ移動する必要があります。
そのため、着地したら、即座に攻撃軍から見て
そばにある左の少し地面が高くなっている
場所に移動したほうがいいです。
まだ芋の脅威は少しありますが、攻撃の手数は
少し減ると思います。
そこに移動したら、今度は正面に少し暗くなってる
場所があると思います。今回の攻めでは、
このルートを使います。この少し暗くなっている
場所には、敵が物陰に隠れてたりするので、
グレネードや、毒ガスで煙幕を張るといいです。
ただし、左からリスポンして増援でやってきた
敵が乱入することもありますので、
すばやく行動することが求められます。
ここの敵を排除し終わったら、今度は右のほうに、
Cの大きな建物内に侵入する入り口があると
思います。そこから侵入しますが、まず
そこから見える範囲でいいので敵を排除します。
まず、入り口から見て正面の敵、次に、左の方に
いる敵を排除するといいです。
排除が完了したら、次は爆弾設置ポイントの方に
進むのではなく、入り口から見て真正面の方に進みます。
つまり、攻撃軍から見て建物内部の右側に移動します。
そこから爆弾設置ポイントの方にむき、
見える範囲の敵を排除します。その後、爆弾設置ポイントのある
コンテナ内部に侵入しますが、入り口や内部のいたるところに
地雷、もしくは敵の待ち伏せが警戒されますので、
もしまだ持っているなら突撃前にグレネードなどを
使うことをオススメします。
また、シルダリヤCの特徴として、爆弾設置ポイントが、
2つあります。(機械の表と裏)
そのため、爆弾を設置して、守備しているつもりでも、
もう片方から解除されることがあるので注意が必要です。
コンテナ内部での戦闘は、比較的銃器による戦闘よりも
ナイフでの接近戦が多く、銃器での攻撃では負けることが
多いので、注意が必要です。
以上が、シルダリヤCの私なりの攻め方です。

今回、少し分かりにくくなってしまいました;
もし分からないことがあれば、どんどん
指摘してくださいね~^^;
PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |

初めての遅れて更新

2日間ぐらいこのブログと、各機種のオンラインは放置してました^^;
何してたかと言うと…成人式当日に熱出して寝込んでました;;
現在進行形で熱出てます;;
昔からどうもこういう大事なシーズンに風邪とかインフルになってしまいます;;
体調管理がしっかりできてないこともありますが^^;
でも、私の地方の成人式は、柄が悪い人が多いので、成人式行かないほうが
よかったのかなと心の中で思ってしまうのでした。
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

麻雀格闘倶楽部 -玄武から白虎へ-

もう抜けられないかもしれない
麻雀中毒。そのため、今日も
寒いですけど少し遊んでました。

最初の1局。
ここで負けると玄武とはサヨナラの、負けられない対局。
しかし、実力はまだまだ未熟。序盤から全然あがれません。
相手からロンをくらうことはないのですが、ツモでじわじわ
削られていきます。結局、最後まで何もすることはできませんでした。
最後のオーラスの時点で、3位でしたが、4位の人がロンをあがり、
私が4位に。
最後のオーブも、むなしく散ってしまいました。

そしてまた級にもどっての対局。
麻雀格闘倶楽部では、初段を降格したときに、級から
始まりますが、すでにそのときに段にあがるために必要な経験値が
半分たまった状態から始まります。そのおかげで、
次の対局は、3人のうち全員がライフ制でやっていたらしく、
でかいツモを喰らって、最後のオーラスはCPU3人を相手に対局。
CPUはやはり人とは違い、バンバン打ってきます。
こちらに考える暇など与えてくれません。
そのためか、たまたまマンガンのツモをあがり、1位には
なれませんでしたが、また初段に昇格。
3、4日前の対局で放銃を繰り返していたので、
玄武にはなれず、白虎となりました。

次の対局。白虎としては初めての対局。
今日はほとんど運に助けられていました。
序盤、2巡目でいきなりのリーチを下家の人がかけてきました。
しかし、それに振り込むことはなく、何とかタンヤオであがれることができました。
けれども、対面の青龍の人が強く、私を除く他の2人はロンをくらい、ぶっ飛びの
危険すらありました。東3局の時点で、1位は46000点。
2位は私でしたが、18500点でした。
この日の私はホントに運に助けられました。
タンヤオをとりあえず作ろうとしていたら、ドラが来るし、
平和の形も整ってきました。
相変わらず学習能力のない私ですが、聴牌になるとすぐ
リーチ。待ちは1萬子を捨てての4、7萬子待ち。
すると、青龍の人が捨ててくれたので、それをロン。
跳満をあがり、1位の人と3500点差。
十分逆転を狙える得点差に。
しかし、運もここまで。下家の人が安手であがり、
対局は終了。

次の対局。
さっきの運のおかげで、手牌がどんどん進んできます。
そして、6巡目で両面待ちのリーチ。
そこそこ速めのリーチなので、相手の人たちはベタオリムード。
しかし、運はホントにすごかったです。
相手が出さないなら、引き当てるまで。
ツモであがり、マンガン。
その後も4~6巡目でどんどんリーチをかけ、どんどん
ロンやツモ。結果は1位でした。

しかし、次の対局では、さっきのようには行かず、
なかなか1位にはなれませんでした。
しかも、相変わらず放銃を繰り返し、
安全と思って捨てた筋が、じつは単騎待ちの相手の当たり牌だったりと、
ボロボロにやられました。

結果、1位、2位、3位が3回ずつ、4位が4回と、結果としては
あまり良くありませんでした。
まだまだ放銃が多いので、未だ初段からあがることができません。
もう少し読みをあげ、あがる確率を高めないとダメだなと
思った、今日の対局でした。
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

採血の恐怖

今日は用事で少しお出かけしてたんですが、
出かけた先で、献血をやっているところを
発見。注射は昔から苦手なんですよね…

-小学低学年の頃。-
病気で、病院に行ったら、採血が必要との
こと、当時は小学低学年だったこともあり、
注射はまだまだ苦手でした。
ですが、採血しないとダメ。ということで
採決してもらうことに。

看護師さん「はい、それでは採血するので、力を抜いてじっとしててね~♪」
私「…(必死に歯を食いしばる)」
看護師さん「はい、終わりましたよ~♪よく頑張ったね~♪」

「ふぅ…。」そう思って、その日のうちに結果が出せるそうなので、
しばらく待つことに。そうすると、部屋に呼ばれて衝撃の一言。

看護師さん「ごめんね~。あんまり血が採れてないそうだから、もっかい採血するね~。」
私「え…。」

すでに泣きそうな私。そこに追い討ちでまたまた採血。

看護師さん「今度はちゃんと取れるようにするからね~。頑張ろうね~。」
私「ぐすん。ばぁい。」

と、注射の痛みにすでにちょっと泣いてる私。昔っから泣き虫だったので、
すぐ泣いてました。

看護師さん「はい。今度こそ終わったよ~♪」
私「ひっく。ひっく。」

ようやく終わった…と思ったそのとき。

看護師さん「あら…あんまり取れてないわねぇ。はい、ごめんね~♪」
 -ブスゥ!!!-
私「ぎゃぁぁぁあぁぁぁぁぁおぉぉぉぉおぉいやぁぁぁぁあぁぁぁ!!」

問答無用の無慈悲の注射針が再びグサリ。
終わったばかりの腕に再び激痛が。
おかんに必死に助けを求める。
けれど、おかんは涼しい顔。
泣き叫んでいる間に、終わったらしく、

看護師さん「はい、今度こそ終わった…あれぇ?」

なにやら看護師さんが注射針を眺めて渋い顔をしている。

私「もう無理ですよぉぉぉぉぉ!!」

ほぼ絶叫。周囲の目なんか知らない。
そして看護師さんは言った。

看護師さん「それじゃあ、この3回分の血液で診断できるかどうか、お医者さんに聞いて来るね~♪」

もうヤダ。何が何でも注射はもうイヤぁ;;と、
1本の針の再来におびえる私。

しばらくすると、診察室に呼ばれました。

お医者さん「いやぁ、採血3回もよく頑張ったねぇ。」
看護師さん「ホントにごめんねぇ。」

コクコクとひたすらうなずく。そして、気になることを
聞いてみた。

私「もう…ちゅうちゃ…ないよね(まだ若干泣いてる)」
お医者さん「うん、もう注射はしないよ。」

「注射はもうない」その一言を、どれだけ待っていただろうか。
こんなに注射におびえる日が来るのを、いつ予想できていたであろうか。
採血した結果、特に大きな病気になっていることもない、ということを
聞き、病院という地獄から帰還しようとしたそのとき。

お医者さん「でも、結局1回目で採った血で十分足りたんだよねぇ。」

…ハイ?
1回で足りた…?
じゃあ、その後の2回は、無駄だったの…?

看護師さん「ごめんね~。足りないって勘違いしてたわ~。」

…。
ちなみに、その看護師さんは新人だった…。
それ以来、注射が大嫌いになり、
注射針を見ると逃げ出したくなる衝動に
今でも駆られるのでした。
…とある声優さんが、注射が大嫌いで、健康診断でも逃げてる人が
いるらしいです。
私もそうなるかも…。
だって注射はもうイヤだ;;
プライベート | コメント:2 | トラックバック:0 |

MAG 立ち回り方 ~妨害・シルダリヤアップリンク 攻め B地点~

今回は、シルダリヤのB地点の攻めについて、
私なりの考え方を書かせていただきますね。

B地点

前回、シルダリヤは攻略が厳しいと書きました。
今回のB地点もそうです。非常に難易度が高く、
蘇生や仲間の協力が必要不可欠です。
そのため、芋スナをするのではなく、自ら前に
出て、絶対に勝ってやる、という意気込みが
大切です。
では、具体的な攻め方ですが、私のオススメする
ルートは、AとBの間にある、Cへ向かうルートです。
このルートは、左右の道と比べて低いところにあり、
また、比較的敵の警戒が薄く、うまく行けば、
後ろから敵を一網打尽にすることが可能です。
まず最初に、最初の建物があるところまで進みます。
そのときに、左右と真正面から攻めるルートがあると
思います。そこで、攻撃軍から見て左のルートを選択、
そして、左に行くと、今度は少し見晴らしのいい、
目の前にトラックが止まっている道に出るかと
思います。そこを一気に左に進むと、今度は地面が
低くなっている、C攻めのルートに降りることが
できると思います。そこで、そのルートに降ります。
ここにいると、高低差を利用して、相手から少し
発見されにくくなります。
そのルートをまっすぐ進んでいくと、今度は
補給ポイントと、すぐ横に階段があると思いますが、
ここはスルーします。そうすると、また階段があり、
そこを登ります。すると、見張り台のようなものが
真正面にあると思います。そして、右を向くと、
さっき見たトラックがあると思います。
そして、そのトラックのすぐそばに、Bに侵入する
階段が、左右に2つあると思います。
そこまで敵に気づかれないように移動します。
その際、リスポンから復帰した敵が、さっきの
階段を登った場所から見て左側から来ることが
あるので、注意が必要です。もし、接近を
感じたら、今来た階段を戻り、やり過ごすと
いいです。そして、B拠点の後ろまで来ると、
左右2つの階段があると思います。
その階段の付近や登った先には、地雷がおいて
あることがたびたびあるので、注意が必要です。
そして、その2つの階段のうち、左の階段、つまり、
B拠点の攻撃軍から見て右側、B拠点にかかっている
橋の下にある補給ポイントに向かって
登っていく階段を使います。
登った先に、敵が匍匐状態で待ち伏せしていることも
ありますが、ほとんどがこちらに背中を向けているので
ナイフで排除します。
そして登った先で、パネルのある方を向くとAと同じく、
パネルのある場所まで行くのに2つの道が見えると
思います。ここでは、右側のルートを使います。
この右側ルートを行った先に、敵がいることも
ありますが、落ち着いてナイフなどで対処します。
パネルのある部屋以外の敵の排除が終わったら、
今度はパネルのある部屋の中に行きますが、
A地点と同じく、部屋の両端に敵がいることも
ありますので、心配であればグレネードを
使うといいと思います。それが終わると、
パネルを制圧できる状況になると思います。

①C攻めの、地面が少し低くなっているルートを選択。
②見張り台のすぐそばの階段を登る。
③守備軍から見て右と左の階段のうち、左の階段を
使う。
④登った後、パネルのある方を向いた状態から見て、
右の道を使う。
⑤パネルのある部屋に潜んでいる敵に注意しつつ、
制圧。

以上が、シルダリヤB地点攻めの、私なりの
攻め方になります。文章が長く、分かりにくかったら
ごめんなさい^^;
分からないところがあれば、教えてくださいね~。
長々と失礼しました^^;
PS3 | コメント:6 | トラックバック:0 |

他社のフレのブログリンク

http://blog.livedoor.jp/kemotech/
PS3のフレのブログです。の~んびり
色々書いてるので、興味ある方
どうぞ~。
リンク | コメント:0 | トラックバック:0 |

今のスクウェア・エニックス

毎年、色んなゲームが発売されていますけど、
最近のスクウェア・エニックス(スクエニ)は
ホントにひどい…。
私がスクエニのゲームで最初に「ん?」って
思ったのはPS2最後のFF12でした。
周囲の人の評価は結構良くて、最初は、
私が何かおかしいのかなって思ってました。

しかし、その後、スクエニは変わってしまいました。
私はFF12から変わってしまったと思いますが、
どこから変わってしまったのは人それぞれだと
思います。まず、DSのドラクエ9。
このゲームでまず、思い出されるのは、当時も
話題になった、ガングロギャル風の妖精。
DSは少なくとも、家庭用ゲーム機の中では、
比較的ファミリー向けのハードです。
そのハードに、明らかに世間の評価を
下げてしまいそうなキャラクターの登場。
あまり良い雰囲気はしなかったので、
私はドラクエのファンの1人ですが、
購入は断念しました。

その後もスクエニはとまらない。
ドラクエ6の手抜きリメイク。
スターオーシャンの一部の人向け新作。
フロントミッションの手抜きっぷり。
FFの画質重視の中身が薄い新作。

私は、こんなことを言っておきながら、
これらのゲームはプレイしたことがありません。
ほとんどの人が、じゃあそんなことを偉そうに
言うな、と仰るかも知れません。
ですが、私は、スクエニに対して、元の
良いゲームをたくさん作るスクエニに戻って
欲しいから、購入しませんでした。
なぜなら、ゲームメーカーにとって、
手にとってもらうこともしてもらえない、という
ことは、一番屈辱的なことであり、
ゲームメーカーに抗議する一番の方法だと
考えたからです。

もちろん、今のスクエニ全てがダメだと
言うわけではありません。
ニーア・レプリカント(ゲシュタント)など、
良作も発売しています。
しかし、昔のスクエニ(合併する前の、旧スクエアと、エニックス)と
比べると、良作のリリース本数は
明らかに減ってしまいました。

今現在、相変わらずスクエニは、衰退の一途を
たどっています。スクエニに限らず、様々な
ゲームメーカーが衰退していっています。
もちろん、功績を伸ばしているメーカーもあります。
ですが、全体的に見ると、ゲーム市場は衰退
しているのではないでしょうか。
ゲーム製作の現場に立つことを志す一人の未熟者の
意見ですが、私は心配でなりません。
今後、日本のゲーム市場は、どうなるか、それを
しっかりと見届け、そして自分もその市場に入り、
変えていきたいと思う今日この頃なのでした。
ゲームメーカー | コメント:8 | トラックバック:0 |

麻雀格闘倶楽部 -運がなければ勝てない自分-

今年初めての麻雀。
今年はもっと段を上げるぞー!と、
意気込んだのはいいものの、
結果は今までの中で最悪でした;;

今回は、どれも同じような対局。
攻めている、というより、
ただ単に振り込んでいる、というもの。
相手がリーチになって、自分の危険牌を
捨てることの繰り返しでした。
どうにか安手で歯止めをかけようにも、
平和や断ヤオ、挙句の果てに役牌でも
あがれないという悪循環。
当然、大きな手をあがれることは
ありませんでした。
鳴いてやっと三色同順ぐらい。
しかもドラなしの単発。

今回、反省すべきことが多く
見つかりました。
まず、読みの甘さによる、放銃。
というより、読みそのもの出来ていないのです。
そのくせに、相手の手牌を読んであがろうとする。
意地っ張りの私の性格がモロに出ました。
読みができないうちは、ベタオリでやり過ごすしかない。
それもできてない、最悪な対局でした。

次に、焦って大きな手をあがろうとするあまり、
ドラをなかなか捨てられない。
そのせいで、凡ミスしたり、聴牌にすらできない
ものでした。どうも、ドラを見ると、つい手牌に
残そうとしてしまいます。
最善の選択をすべきときも、ドラを残し、
結果、放銃でした。

また、相手を焦らそうとする、単騎待ちリーチ。
これもあっさり玉砕。
私はどうもダマができないそうで、リーチが
できる状況であればすぐにリーチをかけようとする。
これも改善すべき点でした。

色々と今の自分の悪いところを書きましたが、
逆に見れば、それだけ改善するところが見えて
良かったと思いました。
この改善点をしっかりと修正すれば、少なくとも
今よりかは少しマシになるからです。
また、今回は、早くあがりたいという一心で、
あがれたのに、あがることを捨てて
しまったこともありました。
そういった精神面での弱さも浮き彫りになったので、
次はここも改善しないといけません。

現段階で、オーブはとうとう最後の1つに。
これを失うと、玄武初段は剥奪です。
1度経験したので、もうそうなりたくはないですね。
自分の弱さを認め、その弱さを克服してみせようと
思った、失ったものも多く、得たものも多かった
今日の対局でした。
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

MAG 立ち回り方 ~妨害・シルダリヤアップリンク 攻め A地点~

今回はシルダリヤA地点の攻め方を書きたいなって思います。
とりあえず、私なりの攻め方を書いていきます。

A地点

元々はセイバーのマップだったシルダリヤ。
セイバーのマップは全体的に堅く、攻略は
容易ではありません。
今回のシルダリヤも、難易度は妨害マップの中でも
トップクラスです。A地点の特徴として、
まず拠点付近にはスネークで身を隠すことができる
草むらなどが少なく、突撃するなら、迅速に
行動することが求められます。
今回、私がオススメするルートは、攻撃軍から見て
左側の草むらが多くあるルートからの攻めです。
なぜ、右側のルートはオススメしないかというと、右側は
比較的見晴らしの良い場所が多く、攻め守備問わず
スナイパーの脅威にさらされるからです。
そして、スナイパーに対処しようと発砲すれば、
その銃声で敵が気づき、攻めがより一層困難になるのです。
では、具体的にどうやって左側のルートを攻めればいいかと言うと、
まず、できるかぎり目立たないようにすることが大切です。
最初に、比較的草むらや隠れる遮蔽物の多い地点を
通過すると思いますが、そこでまず、敵と遭遇するかと思います。
ここでの戦闘は、攻略するためには仕方ありません。
シルダリヤは、隠密を必要とする一方で、戦闘スキルも求められるのです。
ここでの戦闘に勝ったら、次は真正面に進み、比較的見晴らしの良い
場所に出てくると思います。また、その周辺には、1階に下りる階段が
あると思います。
その階段は無視して、そのまま真っ直ぐ進むと、地下に続くトンネルが
あると思います。そして、その見晴らしの良い2階から、一気に
トンネルへと姿を隠します。ここで時間がかかってしまうと、
敵に見つかる可能性が高いので、迅速な行動が必要です。
トンネルの中にもぐりこむと、A拠点の方に振り向きます。
そうすると、左右に2つの階段が見えると思います。
そのうち左の階段の方を使います。
敵の注意がそれているときを見計らって、
その左の階段を上ります。
すると、またA拠点に侵入する階段が、左右2つあると
思います。
そのうち、今度も左の階段、つまり敵のリスポン方面に
向かって上っていく階段を使います。
この階段の途中や上った先、あるいは最初に地雷が
あることがよくありますので、注意が必要です。
階段を上ると、パネルがあるほうに振り向きます。
すると、また左からパネルに行くルートと右から
入るルートがあると思います。
今回も左から入るルートを選択し、そこからなるべく
ばれないように、隠密行動でパネルへと接近します。
その途中に、敵がいることもあると思いますが、
結構こちらに気づいてないこともあるので、
焦らずにナイフで排除します。
次に、拠点に侵入する際、また入り口のところやパネルの所に
地雷があることがあるので、注意が必要です。
また、建物内部に侵入するときに、敵が待ち伏せしていることも
あるので、注意が必要です。特に、入るときには見えなかった
左右両端には注意が必要です。もし、敵がいたら、
多少のダメージは覚悟で、ナイフ戦闘をオススメします。
もし、ここで音を立てると、敵が気づく可能性が高いからです。
それが終わると、ようやく拠点を制圧です。
しかし、味方が回りにいないときは、味方が来るのを待った方が
いいです。
また、パネルを起動したら、パネル付近を離れ、
侵入するときに使った2階階段付近で匍匐状態でじっと
待機しておくことをオススメします。そうすることにより、
パネルを起動しに来た敵に落ち着いて対処することができます。
 
①左の草むらがあるルートを攻める。そこに敵がいたら、戦闘を。
②そのまままっすぐ進み、見晴らしの良い現在地からトンネルの中に
身を隠す。
③状況を見計らって、左の階段を上る。
④地雷に注意しつつ、今度も右と左の階段のうち、左の階段を上る。
⑤敵に注意しつつ、今度も右と左周りのうち、左側からパネル付近に
近づく道を進む。この際、敵がいたらナイフで排除。
⑥両端で待ち構えている敵と入り口付近などに配置されている地雷に
警戒しつつ、制圧。

以上が、シルダリヤA地点攻めの、私なりの攻め方です。
シルダリヤは全体的に難易度が高く、敵が強いと泥沼試合となります。
そのため、プレイヤースキルが比較的問われるマップです。
また、ここを攻めるときは、隠密スキルなどを取得しておくことを
オススメします。
長々と、分かりにくい文章ですいませんです^^;
少しでもお役に立てば幸いです。^^;
PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |

カレンダー

1月になって、カレンダーをめくる。
去年はカレンダー貼らないとって思っていながら、
結局そのままカレンダーを貼らずに過ごしました。
今年はちゃんとカレンダーを用意。
でも、そのカレンダーを貼ってから、
家で飼っているトイプードルのピースが急にワンワン吠え出しました。
何で?って思いながら、ピースがカレンダーに
向かってほえているところを眺めていました。
すると、ピースがカレンダーのある部分に
向かって吠えていることを発見。
そのカレンダーには、キツネとかオオカミとかの野生動物の写真が
プリントされているんですが、
どうもその写真に写っている動物に向かって
威嚇しているのです。
今この記事書いてる時にも私の後ろでガウガウ言ってます^^;
…ピースよ、いい加減お前が威嚇してるその動物は写真だと気づけ…。
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!
今日は元日ということで、ちょっと里帰り。
今日も風が強くて、バスを待っている間が一番つらかった;
家に着くと、新しい家族と初のご対面。
普段、わんこをよく抱っこするので、赤ちゃんを
抱っこしようとしたら、わんこを
抱っこするようになってしまいました;
聞いたところによると、EXILEの曲を聴いてるとき、
ダンスしていたそうな。
…まだ生まれて1年経ってないんですけど…。
先が楽しみ?です^^;

帰り道、大粒の雪が。
実家で雪を見るのは何年ぶりだろう…。
一番新しい記憶で、小学生の頃。
もうかれこれ10年ぐらい前。
電車の駅に向かう途中で見た商店街の景色は、
昔と変わらずとても綺麗なものでした。
それを見ると、帰ってきたんだなぁ、と改めて実感。
昔と変わってしまった故郷の景色もあるけれど、
昔と変わらない故郷の景色はやっぱり落ち着きます。

当時は小学生だった私も、今では大学生。
今の私が見た懐かしい景色を、昔の私は
ただそれがそこにあることを、さも当たり前のように
思って過ごしたんだなぁ。
その景色は、とても大切なものだと感じた、
雪の舞い散る元日でした。

プライベート | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。