The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

選択

最近たまに思うのですが、シリーズ物のゲームって、万人向けを追求するあまり、そのゲーム本来の良さが
失われていっているような気がします。例えば、カプコンのバイオハザードシリーズ。このゲームは、初代PSから
スタートし、今のバイオハザード5に至るのですが、初代と今のバイオを比べると、全く別のゲームのような
印象を受けます。初代のバイオは、ジャンルはサバイバルホラーで、何がユーザーに人気だったのかというと、
どこのゾンビは無視して先に進むようにするか、わずかな足音に集中して、敵がいるかどうか判断するといった、
そういった作戦と生き残るために聴覚を最大限活用したりして、緊迫した状況を楽しむのがユーザーに受けたのではないでしょうか。それに、初代バイオは、現在のバイオ5と違い、カメラが固定されているため、
自由に周囲を見渡すことが出来ず慎重に進んでいく必要があり、それもまた1つの楽しみでした。
そういったことが合わさり、サバイバルホラーのバイオは完成したのではないでしょうか。
ですが、現在のバイオはそういったものが感じられません。敵となる存在も、ゾンビではなく、比較的外見は
普通の人に近いものになり、どこでどの敵を無視するかといったこともなくなり、出会った敵は片っ端から
倒していくというようなゲームになってしまい、カメラワークも比較的自由になったので、結果的に昔の
スタート地点のバイオは消滅してしまいました。
つまり、サバイバルホラーというジャンルではなくなってしまったのです。
ゆえに、昔からのバイオのファンは、苦言を呈す方が多いのではないでしょうか。
確かに、ゲームは新しい技術を導入したりして常に進化していくものです。しかし、そういったものを導入する
一方で、伝統はしっかり受け継がれないといけません。現在のシリーズ物は、そういった伝統が欠如している
ように思えます。ゲーム開発者の方々には、そのシリーズの初代の作品が、なぜ売れたのか、どういったことが
そのゲームの伝統であるのか、そういったことを考えて製作してほしいです。
スポンサーサイト
ゲームメーカー | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。