The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スパイク

最近、スパイクっていうゲームメーカーがすごくユーザーのためにがんばってくれているような気がします。
スパイクと言えば、主に海外産のゲームを翻訳して、それを日本国内で販売しているメーカーです。
ゲームメーカーとしてみてみると、スパイクは翻訳をしたのであって、おもしろいゲームそのものを作った訳では
ないと言う方もいるかと思います。確かに、スパイクは翻訳のみであり、ゲームそのものの製作には
ほぼ関わっていません。しかし、スパイクが翻訳したことによって、どれだけ多くの名作が日本の方々に
プレイしてもらえたのでしょうか。例えば、数々の賞を受賞した、オブリビオン。これはスパイクが翻訳し。
日本の方々に提供しています。また、最近発売され、今までは膨大なテキストの量のため、
日本語版を出すことが不可能であるとされていた、ドラゴンエイジや、あまり知られていないかもですが、
プレイした人からたくさんの高評価を得たバイオショックなどがあります。特にバイオショックにおいては、
初代のバイオショックはスパイクが翻訳しましたが、バイオショック2はD3パブリッシャーというメーカーが
翻訳しており、D3が翻訳したバイオショックでは、メインの部分は翻訳されて入るものの、細かくは翻訳
されてはおらず、翻訳の面で低い評価を受けているのに対し、スパイクが翻訳したゲームはバイオショックのみ
ならず、高い評価を受けており、多くの名作ゲームが、スパイクの手で日本の方々に届けられました。
つまりは、スパイクは架け橋となったのです。
ゲームメーカーは作ること、つまりは創造することだけではなく、架け橋となることも必要です。
それを一番、スパイクは教えてくれていると思います。
スポンサーサイト
ゲームメーカー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。