The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Xbox360を買うときに注意した方がいいこと

最近、私のPS3のフレの人で、360を買おうか迷っている、もしくは、360をすでに買った、という人が
増えてきましたので、360を買うときに気をつけたほうがいいことを、思いつく限りですが、
書いていこうかなって思います。 PS.(思い出したことを追加しておきました。)

①つやのあるHDDモデルと、つやのないMU(メモリーユニット)タイプ
まず、本体カラーですが、だいたい30000円のHDDモデルと、20000円ぐらいのMUモデルがありますが、
少し細かな違いなのですが、HDDモデルはつやのあるブラック、MUモデルはつやのないブラックと
なっています。もし、HDDは欲しいけどつやのないブラックがいい、って人がいたら、
一応、HDDを追加で増設できますが、その際に、最初からHDDがついているモデルと比べて、2000円ぐらい
少し割高になってしまうので、注意した方がいいです。

②充電ケーブルが付属しない
360は、PS3と違い、無線コントローラーを充電するケーブルが付属していません。そのため、乾電池を
使うのですが、できればエネループなど、充電式乾電池を使ったほうが少しお得です。
また、充電ケーブルは、普通のUSBケーブルでは充電できないため、専用のケーブルを別途購入する必要が
あります。だいたい、アマゾンで1000円あれば買えます。ちなみに、コントローラーをもうひとつ買うときに
どれくらいお金がかかるかというと、今の時点では、有線式コントローラーが3000円程度、
無線式コントローラー(充電ケーブルなし)が4000円ぐらいです。

③MSP(マイクロソフトポイント)=現金ではない
MSPは、360のオンラインストアで、コンテンツを購入する際に必要なポイントのことですが、
このMSPは、現金よりも少し高めに設定されています。どういうことかというと、現金100円をMSPに換算すると
100MSPではない、ということです。そのため、MSPのプリペイドカードを買うときに、
例えば1400MSPだと、アマゾンで買う場合、1700円ほど払う必要があります。

④一部のゲームはHDD必須
例えば、「Halo:Reach」など、ヘイローシリーズでは、オンラインでの協力プレイにおいて、
HDDが必要です。そのため、例えば、4GBモデルとかの場合、HDDがないので、オンラインでは
協力プレイができないことになります。なので、そういった協力プレイをしたい場合、
HDDモデルが必要になります。

⑤オンラインは有料
知ってる人もいるかと思いますが、360のオンラインは有料となっています。アカウントを作成したときに、
1ヶ月お試し無料ゴールドメンバーシップが適用されますが、それ以降は、クレジットで毎月決済するか、
12ヶ月ゴールドメンバーシップを買わないと、オンラインができません。また、クレジットで
決済すると、12ヶ月ゴールドメンバーシップよりも少し割高になるほか、更新の時に自動で
クレジットから次の1ヶ月分の料金が支払われるため、できればクレジットは使わないほうがいいです。

⑥本体は無線内蔵タイプ
旧型360と違い、新型は、無線が標準装備されています。そのため、昔だったら有線か、オプションで
無線ユニットを増設する必要がありましたが、新型では無線でOKですので、増設する必要はありません。

⑦ゴールドメンバーシップの同梱物
今、お店とかで売られているゴールドメンバーシップが付属しているのは、だいたい4種類です。
1つは、一般的な、プリペイドカードのみのタイプで、アマゾンで4200円ほどです。
2つ目は、プレミアムゴールドメンバーシップ(ボンバーマンライブエディション)ってもので、
通常のゴールドメンバーシップのほかに、ボンバーマンアーケード(ゲーム)と、200MSP、
旧型360で使われていたタイプのヘッドセットが付属されているもので、5000円ほどです。
ボンバーマンのオンラインは過疎が激しいとのことですので、ボンバーマンのオンラインプレイは
あまり期待しない方がいいです。^^;
3つ目は、つい最近発売された、スターターキットってタイプです。
このタイプには、通常のゴールドメンバーシップのほかに、新型360カラーのヘッドセットに、
チャットパッド(コントローラーに直接つないで、キーボードみたいに使うもの)と、400MSPが
付属しています。こちらのほうは6000円ほどなので、結構高く感じるかもですね^^w
最後は、アマゾンで少し在庫が少なくなっていたので、まだあるか分かりませんが、
60GBの旧型360専用の(新型では多分使えないです^^;)ハードディスクのほかに、
ヘッドセット、そして、3ヶ月のゴールドメンバーシップが付属されています。
このセットだけ、12ヶ月ではなくて3ヶ月のメンバーシップなので、少し注意したほうがいいです。
ちなみに、お値段は9000円ぐらいしたかと思います^^;
私個人の意見としては、ヘッドセットを持っていない人なら、ボンバーマンライブエディション、
ヘッドセット、キーボードなどを持っていないならスターターセット、
両方もっているなら、普通のメンバーシップカードのみを買えばいいかと思います。
60GBHDDタイプは、新型360では使えないので、あまりオススメできません^^;

⑧Windows Live ID
360では、ゴールドメンバーシップを登録する際に、Windows Live IDが必要で、これがないと
ゴールドメンバーシップが登録できません。なので、別途PCで登録作業が必要なので、
少し面倒です^^;

⑨増設可能なUSBメモリー
一応、360では、だいぶ前に行われたアップデートにより、USBメモリーを使用できるようになりました。
しかし、360で使用するためには、360専用領域というものがUSBメモリー内で隔離され、
そこに360のデータが保存されるようになります。そのため、他のデータと共有する共有領域を
削らないといけないので、2GBや4GBなどでは、やや不足すると思います。(一応、何GBを360に割くか
などの設定は出来ます。)また、8GBでも、ゲームをインストールする目的であれば、
1本入れればもう入らなくなると思います。
また、USBメモリーは、どのメーカーのものでもOKというわけではありません。
なので、実際に360にさしてみて、使えるかどうかチェックしないといけません。
ちなみに、私が確認した使用可能なUSBメモリーのメーカーとしては、バッファロー、TDKで、
使えなかったのは、I/Oデータ、Aデータってメーカーです。
もちろん、今書いた使えるメーカーのUSBでも使えないものがあるかもしれませんし、
逆に使えなかったメーカーのものでも、違う製品なら使える可能性はあります。

だいたいこんなところでしょうか。^^;何か書き忘れてたり、間違ってる事があれば
言って下さいね~。
スポンサーサイト
Xbox360 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。