The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いまさらですが

ちょっと前まで、色んなところで
話題になっていた、市橋容疑者の事件。
もうそろそろ落ち着いてきたころでしょうか。

世間の評判は、やはり死刑が一番望ましいという
意見が多かったですね。にも関わらず、検察は
無期懲役を求刑し、裁判所はその求刑通りに
判決を言い渡した。

多くの人は、この無期懲役の判決に、
疑問や不満を抱いているのではないでしょうか。

私は一応、法学部ですが、
私も無期懲役にするべきだと思っていました。

裁判所の判決と自分の考えが一致した事を
とやかく言うつもりではありません。
ですが、まだまだバカな人間ですが、法学を
一応学んでいる者としては、死刑にはしづらいのです。

確かに、犯罪は残忍であり、かつ、逃走するという
許されない事もしています。正直、私も感情論で
述べるのならば、死刑にしてほしいです。

ですが、法で裁くことに、そういった私情を
はさむわけにはいきません。刑法に沿い、
適切に処理しなければなりません。

刑の重さを検討する要素を見てみると、
まず、犯罪は残虐であること。これは、刑を
当然重くします。その上、逃走もしているので、
さらに罪は重くなります。

しかし、弁護士の人も言っていましたが、
殺意の有無、また、私が間違えてたら
すみませんが、元々殺す事を念頭においていたか
どうか、つまりは計画性のある犯行かを
見てみると、計画性はなかったと思います。
また、演技だとの批判を受けていますが、
遺族に一応の謝罪の言葉は述べています。

こういった要素を総合的に判断して、
無期懲役か死刑かに絞られるのですが、
ここで死刑にならなかったのは、
残虐な犯行であっても、殺した人が1人で
あることが大きいのだと思います。

判例を見てみると、今までに殺害人数が1人で
死刑判決を言い渡された事例は少なく、
死刑そのものの適用もなかなか
してはいけないという、裁判上の傾向が
あります。そのため、今回無期懲役に
なったのだと思います。

また、裁判において、死刑にするべきものを、
無期懲役にした方が良いのではないかという声も、
一部の学者の方から挙がっています。

どういうことかというと、確かに、
死刑を行う事で、遺族の気持ちは晴れるかもしれない。
しかし、その判決が言い渡された後、遺族は
生きる気力をなくしてしまい、
今後の人生を悪い方向に持っていくのではないか、
という声です。

それならば、無期懲役にして、遺族の方に、
怒りであれ、恨みであれ、生きる気力を
出してもらい、生きることへの強い気持ちを
残そうというものです。

ともあれ、裁判は終了し、一応の
無期懲役という結果で終わりました。
多くの方は、死刑にならなかったことが
不満かもしれません。ですが、
その死刑を求刑している事は、
法律に基づいている事なのでしょうか。
その求刑は、感情論であり、法律を
無視しているのではないでしょうか。
法律を適用し、裁判を行う上で、
私情は挟んではいけません。
公平で、冷静な、時には冷血とも言える
判決をしなければなりません。
そのことが、裁判官の人の、
一番の苦悩かもしれませんね。

長々と、分かりにくい文章ですいません。
まだまだ法学を学んでいる人間としては
未熟ですし、バカなことを言っていると
思われるかもしれません。
最後まで読んでいただいた方、
ありがとうございました。
スポンサーサイト
プライベート | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。