The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

意外な盲点

就活の準備をやっていて、リクナビで
模試などをPCから受験しているのですが、
ここで意外な盲点を発見。

私は確か3年前に買った、emachinesって
メーカーのノートパソコンを自分用のパソコンとして
いつも使っているのですが、買ったときにマウスは
付属していなかったので、今まで、ノートパソコンに
付いていたパネルでクリックなどの操作をしていました。

で、この模試でかなり困りましたw
というのは、普通ならマウスを動かしてスイスイ回答する
部分でも、マウスを使っていないと結構なタイムロスを
してしまいますw

もちろん、かといってテストが終わらないというぐらいの
深刻なタイムロスはおきませんwけれども、なんか不便w

と、いうことで、アマゾンでマウスを購入w
安いのでいいかってことで、有線のマウス、けれども、
普通の黒か白のマウスだったら、何かおもしろくない、
ということで、マイクロソフト製のマンゴーオレンジの
マウスを購入w

マンゴーオレンジと言っても、マウスの大部分は白で、
少しオレンジのラインが入っているぐらいのものw
でも、そのラインは割合としてはそこそこあるので、
しっかりとオレンジ色の存在感を出していますw

マウスを使っていて思うのですが、やっぱり
使いやすいですね;;w今まで、マウスなしで
やっていたことも、マウスがあるとないとでは
大違いw

これでテストの回答でも問題なく行けそうですw
スポンサーサイト
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

待ちきれない

だいぶ間が空いての更新ですw

最近、いつにも増して楽しみなのが、ACⅤ(アーマード・コア5)。
公式サイトなどによると、チームは1チームにつき最大20人まで
在籍可能とのこと。

また、チームのメンバーに関しては、希望するのであれば誰でも
加入することができる方式にすることも、そのチームメンバーが
希望者に対し、加入許可を出す事によってのみ加入を認められる
場合、そして、加入をいかなる場合であっても認めない場合が
あるそうです。

メカデザインを見ると、今回は鍋島Pも言っていたと思いますが、
前のAC4系統とは違い、兵器らしい、無骨な感じがしますねw
これはこれで、今までとは違った新鮮な感じがするので、
個人的には、かなり好印象w

クローズドβテストにおいて、テスターの人は様々な印象を
持ったそうですが、テスターが指摘した悪い点は、できるかぎり
改善して、製品版として販売するそうなので、一安心。
そういう意味では、発売日延期も、仕方がないですねw

チームはそれぞれどの国に属する(日本とか)かを決定し、
日本の場合、どの都道府県に拠点を置くかなども決まるそうです。

個人的な意見ですが、東京など、都心部は人が多いので、
そういった場所に拠点を置くチームは、何かしら忙しくなりそうですねw

ちなみに、公式パートナーシップによると、現在、激戦地区と
なりそうなのは、東京やその周辺の都道府県、大阪や兵庫、福岡、
そして北海道などが挙げられます。

何が言いたいのか分からない文章でしたが、何が言いたいのかというと、
とにかく発売が待ち遠しいということですw

でも、私の場合、今年の12月から、就職活動が本格化するんですよね…;;
大丈夫かな…

PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Vita

今日、アマゾンを覗いてみたら、PSVitaの予約が
開始されてました。発売日は12月17日、確か、
3GとWifiが使えるタイプと、wifiのみのタイプが
ありましたが、3GとWifiモデルは3万円ぐらいでした。

ヴィータのアクセサリーとして、専用のメモリーカード
(名前忘れましたw)も予約開始ですが、やっぱり
高いですね~wどうしても今のSDなどと比べると、
割高な気がしますw

前に電気屋さんで買った4GBのマイクロSDは500円。
対して、現在、アマゾンで予約が行われているメモリー
カードは、4GBで2000円ほど。

ソニーさんではいつものことですが、専用のメモリー
カードを新たに作るのは、ユーザー側としては
やめてほしいですねw企業としては儲かるのでしょうけども、
あんまり一個人のユーザーとしてはうれしくないですw

ソフトの方は、まだ初期の段階だけあって、発売予定タイトルが
15本ほど。アンチャーテ(デ?)ット(ド?w)や、
ドリームクラブはある程度知名度があるので、結構
売れそうな予感w

ドリームクラブは、さらに、予約特典として、
ダウンロードコンテンツをつけるそうですね。
ドリームクラブに興味があって、ギャルゲー好きな人であれば、
購入に踏み切るかもしれませんね。

個人的に売れそうだなって思うのは、リッジレーサー。
何でそう思うのかというと、まず、リッジレーサーも、
ある程度は知名度があると思うからです。(3DSのリッジ
レーサーをかなり宣伝していましたし、名前を聞いたことが
ある人も前より増えたと思います。)

また、他のソフトと比べて、少し割安に設定されています。
他のソフトは大体5000円ぐらいしますが、リッジレーサーは
3300円ほど。ちなみに、一番安いソフトでUBIソフトの
ダーククエストで3000円です。

他にも、塊魂が、ゲーム本体に加え、液晶保護フィルムを
特典として付属させるなど、新規PSヴィータのユーザーに
手に取ってもらえる様な工夫が施されているように思えます。

私個人の意見としてですが、ヴィータのゲームを売るに当たって、
ゲーム内で使えるコンテンツよりも、液晶フィルムなど、
そういった実用的なものを特典として付けたほうがいいと思います。

例えば、ちょっと無理があるかなとは思いますが、PSヴィータを
買うに際して、メモリーカードが必需品になってくると思います。

なので、リッジレーサーなど、安い値段設定で売れるソフトに、
アマゾンで見てみたらありませんでしたが、2GBぐらいのヴィータ用の
メモリーカードを特典として付けてみると、おもしろいと思います。

実際、USBメモリーですが、ゲームの購入特典として付けたメーカーも
ありますし、ゲームだけでなく、幅広く使えるものを特典として
付けたほうが、個人の意見ですが、売れるのではと思います。
(私はまだまだバカなので、それに係るコストや、製造してくれる
メーカーとの問題などを完全に無視した意見ですが…^^;)

色々書きましたが、今後のヴィータがどうなっていくのかが
楽しみですね。また新しい風を吹かせて、ゲーム市場を
盛り上げてくれればなって思います。
後、何かヴィータ本体の仕様とかで間違えてたらすいません;;w
ゲームメーカー | コメント:2 | トラックバック:0 |

不幸からうれしい誤算

この前、大学に行くまでに、ウォークマンを自分の
不注意で水の中に落とし、水没させてしまいました;;w

以前に使っていたウォークマンも、水没させてしまって、
今度こそは同じ過ちは繰り返すまいと気をつけていましたが、
気が緩んだ瞬間に再度水の中にポチャリ。

当然、ウォークマンは壊れてしまい、3ヶ月でさよならすることに
なりました;;そして、修理にどれくらい費用がかかるのかなどを
インターネットで調べて、新品買った方が安く済むとのことで、
また新しく買おうかなと考えていました。

しかし、ふと目についたのが、水没して、壊れてしまった
ウォークマンを1年ぶりに使ってみたら、なぜか復活していたという
記事。

そんなことはないだろう、と、あまり信用していませんでした。

で、どうせなら、私のだいぶ前に(半年以上前に)水没させちゃって、
壊れてしまったウォークマンでも試してみようと、充電しようと
充電用の機器に接続。

この時点で、多分もう充電を開始した画面が表示されず、
完全に故障が確定するだろうと思っていました。

しかし、実際に充電してみると、なぜかちゃんと起動。

「え、うそぉ!?」とびっくりしましたw
それでも、まだ油断は出来ない。充電できても、操作が
出来ないパターンもあります。

ということで、ちょっと操作してみることに。
すると、普通に動くw何の不具合もなく、正常運転w

「これはまさか…」と、期待が湧いてきて、
最終チェックに、適当に曲を聴いてみることに。

完全に直ってるwなんで?w水没させて、もう
完全にあきらめてたのに…えぇ!?w

あのふと目にした記事、ホントだったんですねw
ほえ~w嘘だと言ってすみませんでした;;w

でも、こんなことってあるんですね~w
朝早くからの授業にはウォークマンが欠かせないので、
ちょっとテンション下がっていたのですが、無事に
朝の授業からテンション上げてのぞめそうですw
プライベート | コメント:2 | トラックバック:0 |

ダークソウルとフロムソフトウェア

ダークソウルが発売され、2週間程度経ちました。
相変わらずアマゾンのレビューには、低評価が多く
掲載され、期待が大きすぎたとの声もあります。

ダークソウルの抱えるバグなどに対し、フロムさんは、
順次対応していくとのコメントを発表しています。

ですが、そもそもこういったバグはしっかりと
テストを行えば防げたのではないかという声や、
あるいは、まだアップデートで改善しようという
気があるだけマシ、という声が挙がっています。

私個人の意見としては、前者の意見です。

確かに、アップデートで改善しようとするだけマシと
言う意見にも一理あります。最近、あるゲームメーカーは、
発売したのはいいものの、その後バグなどが発見されても
改善しようとしないメーカーがあるからです。
その点を見ると、フロムさんの態度は、メーカーとしては
好意的に思えます。

ですが、そもそもそういったバグは、アップデートで直すよりも、
発売される前に発見し、改善するべき、改善して当然なのでは
ないでしょうか。

確かに、メーカー側にも、製作期間の関係など、様々な
諸事情があると思います。しかし、メーカーの売るゲームは、
商品です。粗悪な商品と分かっていながら、それを黙って
ユーザーに販売するのは、看過できないことです。
それに、ユーザーの人が、メーカーがこういったバグを、
「アップデートで直す」ということに納得してしまえば、
メーカーは甘えてしまい、「後で直せばいいや」という、
安易な気持ちで販売してしまうことが続いてしまうのでは
ないでしょうか。そして、全体的な質が低下していって
しまうのではないでしょうか。

私は、中学のときに、フロムさんのゲームの「AC(アーマード
コア)」を知り、とても熱中しました。今でもこのACシリーズは
好きですし、フロムさんのゲームも大好きです。

しかし、フロムさんの姿勢に賛同できるかどうかという点においては、
賛同できません。ACFA(アーマードコアフォーアンサー)という
ゲームでも、とあるパーツがオンラインではフリーズを引き起こすことを
ユーザーから聞いたにも関わらず、それを最後まで直すことはありませんでした。

ゲームは、そのプレイヤーの全ての人が、等しく楽しみを共有するべきだと
私は思います。ある一部の人は楽しめないゲームは、もはやゲームでは
ないと思います。とあるバグを知っていながら直さないのは、ゲームメーカーとして
恥ずべき行為であり、言語道断であると思います。

色々書きましたが、私は、フロムさんのゲームが好きです。
だからこそ、しっかりとゲーム作りに取り組んで欲しいです。
本当のファンというのは、そのメーカーにただ賛同するのではなく、
メーカーが間違いを犯したのであればその間違いを徹底的に
追求し、そのメーカーを良い方向へと導く存在だと思うからです。

長々と、稚拙な文章で失礼しました。
最後まで呼んでくださった方がいましたら、
ありがとうございました。
ゲームメーカー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。