The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

苦しさの中で

最近は、色々と厳しい、あるいは苦しい状況が続いています。

その代表例の1つとしては、またまたで申し訳ないですが、就活です。

私の友達の何人かはすでに内定をいただいた人もちらほらいて、
いまだに内定もらっていない今の自分の状況を見て、ちょっとまずいなぁ、と思ってます。

反省すべき点としては、ゲーム業界に行きたい、という第一希望はしっかりと
定まってはいたものの、他の業界の会社にエントリーした数が少なく、面接等の回数が
減ったことにより、いざ本命の業界の面接が入ったときに、少し混乱してしまったことでしょうか。

内定を獲得した人は、当然といえば当然ですが、結構多くの会社にエントリーしている傾向が
あって、そこで面接等の練習をしているため、本命の会社の面接に来たときに落ち着いた対処が
できていることが、内定を獲得した人の成功の原因の1つとなっているんじゃないかなと思います。

ゲーム業界にエントリーしていく中で、一番つらかったのは、自分の好きなゲームを作っている会社を
「趣味のゲームを作っている、今までのような個人と企業との関係」を選択するのか、
「仕事でゲームを作っている、社員と会社という関係」の選択です。

自分の好きなゲームを作っている会社にエントリーし、入社できたのであれば、
それは私にとってすごいうれしいことになると思います。

しかし、現実はそう甘くはありません。もしも選考の段階で落とされると、その会社への
愛着が深ければ深いほど自分に対してのダメージは大きくなり、入社できたとしても、
そのゲームを商品としてみなければならないという一面もあります。

これらのことを考慮して、どこまでを趣味として、どこまでを仕事として選択するのかは、
就活初期の段階ですごく苦労しました。(まだ就活を続けている身で言うのも何ですが^^;)

けれども、消えない根本にあるのは、「ゲームを作りたい」という一個人の気持ち。

苦しい中でも、どうしてもこの気持ちだけは消えてくれない。
消えてくれればもっと楽できる就活になると思うけれども、それでも
この気持ちだけは折れることはない。

苦しい中で、残ったこの気持ちは、私個人の願いの本質の1つでもあり、
私という一個人を形成している1つの元素なのだと、
この気持ちを信じて、しっかり前を向かないと、ですね。
スポンサーサイト
プライベート | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。