The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Xbox360の大幅値下げ

10月4日は、ゲームというジャンルで見ると、ホントにいろんなことがありました。
その1つが、Xbox360の大幅値下げです。

今までだと、約3万円した250GBのハードディスクを装備した本体と、
「Forza」と「スカイリム」の2本をセットにして、19800円。
このセットだと、本来であれば、4万円を超えています。

アマゾンでは、このセット商品のレビューには高評価が並んでいます。
しかし、これぐらいしないと、360はPS3と勝負できないのでは、と考えています。

確かに、この値段設定はかなり安いです。新型PS3は本体だけで2万5000円に対し、
人気ソフト2本でさらに5000円の差は大きいと思います。

しかし、PS3には、アドホックパーティー、オンラインが無料という、
2つのアドバンテージが存在しています。

この2つの利点は、「友達と一緒に楽しむことに適したハード」という
側面をPS3に与えているのではないでしょうか。

だからこそ、PS3とXbox360のどちらを買うか、という点で、
知り合いと一緒に楽しめるPS3の方が有利になっているのではないでしょうか。




では、360は、アドホックパーティーとオンラインが無料の2つの利点に
どう対抗すべきか。




2点ありますが、1点は、独占タイトルの充実です。

360は、以前は「シュタインズゲート」や「ドリームクラブ」、「ぎゃるがん」など、
少し変わったゲームを、家庭用ゲーム機で唯一楽しめるハードでした。

しかし、現在では、これらのタイトルはPS3でも楽しめるようになりました。
今ではマイクロソフトが販売を担当している、「Halo」や「ギアーズオブウォー(GoW)」、
「Forza」や「Fable」、そして、エレクトロニック・アーツの「Left4Dead」などが、
360の独占タイトルとなっています。

360は10月4日、本体を大幅値下げすると同時に、6本の大型タイトルを360で楽しめることを
オンラインにおいて宣伝していましたが、6本のうち3本はマルチタイトルです。

そのため、独占タイトルを増やすことが課題の1つではないでしょうか。
具体的には、360はPS3よりもコストを少し下げることができることを利用すべきだと思います。

日本も含め、海外には多くのゲーム会社が存在しますが、360などのハイエンド機の
ゲーム制作を行えるのは、開発資金が十分にあるメーカーだけです。

ですので、マイクロソフトが販売を担当し、開発資金を少し援助するなどの
政策を行うべきなのではと思います。




2つ目は、フレンドのいない人がオンラインに飛び込んでも、すぐにフレンドを
作れる環境を整えることだと思います。

どういうことか、と言うと、同じ言語を話す人や、ゲームについて、同じ価値観を
持っている人がすぐに見つかるようにすべきだと思います。

360では、真剣勝負を楽しむのか、にぎやかに楽しむのかなど、自分のゲームの
楽しみ方について、ゲーマーゾーンというもので分けられています。

しかし、ゲーマーゾーンを分けるだけでは不十分ではないでしょうか。
普段しゃべっている言葉が違う人と、その後の交友を広げられるかというと、
全ての人が交友関係を持てるわけではないと思います。

そこで、例えば自分が日本人なら、遊んだ相手が日本人の人かを、
すぐに判別できることが必要です。
その上で、メールなどのやり取りを、スムーズにできるように
するべきではないでしょうか。

例えば、プロフィールに自分の母国語を入れることで、
一緒にゲームを遊んだ人のリストを見たときに、
同じ言葉が登録されていると、色分けされて表示される、などの
対応を行うべきではないでしょうか。



またまた長くなってしまいましたが、自分なりの意見を出してみました。

私はまだまだバカですし業界にも入れていない素人ですから、
批判の声は多いと思います。また、私が360を嫌っているのではと
考える方もいるかも知れません。

しかし、360には360だけの魅力があると私は思ってます。
オフラインであれば、PS3よりも安価な値段で楽しめますし、
PS3にも出ている大型タイトルは、ほとんどが360でも楽しめます。
そして、PS3にはない、独特なテイストを持つゲームを、
360ではプレイできます。

今年の12月、新型ゲーム機、「wii U」が発売されますが、
まだまだ360が埋まってしまうのはもったいないと思います。

話は最初に戻りますが、今回の本体の大幅値下げで、
もっと多くの人が360の面白さに触れ、360の独占タイトルがもっと
たくさん出てくればいいなと、私は思っています。

今、ゲーム制作者の方から、新しいアイデアがなかなか生まれない、という声も聞いたことがありますが、
360は、アイデアをユーザーの人に試しに遊んでもらうには、アーケードゲームという形でも
提供できますし、良いハードなのではないでしょうか。

また長くなり、分かりにくい文章にもなってしまいました。
分からない部分がありましたら、すいません。
そして、もしも読んでくださった方がいましたら、ありがとうございました。
スポンサーサイト
ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。