The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「怖い」ことを考える その2 お化け屋敷編

雷鳴りながら雪降ってる関西からマスオです。

今の段階で結構雪が降ってて、窓から眺めてたら
「明日積もってたら雪だるま作るぞぉぉぉぉぉおぉ」と
意気込んでしまう今日この頃。

…前に私の精神年齢6歳って言われたような…

それは置いておきまして、需要果たしてあるのか、多分ないだろう
「怖い」と思う要素が、なぜ「怖い」と感じさせるのかを考えてみる
続きです。

今回は、お化け屋敷の「怖い」について。
お化け屋敷は名前の通り、すでに「怖い」体験をすることが
分かっているにも関わらず、「怖い」と思ってしまいます。

なぜ「怖い」と感じさせるのか。それはシンプルに
雰囲気による怖さの演出だと思います。

また、不気味な雰囲気の怖さに加えて、夜の暗闇などを追加することで、
「視覚からの情報量が少ないことへの恐怖」もあるのではないでしょうか。

この雰囲気の怖さの演出が一番基本的で初歩的なものだと思います。
故に、他の「怖い」要素と併合しやすいというメリットがあります。

ゲームの「サイレン」では屍人という要素に加え、独特の雰囲気ともう1つの要素(また後の記事で書きます)を
用いることでかなりの恐怖をプレイヤーに与えるように組み合わされており、雰囲気を
うまく利用している成功例だと思います。

最近のゲームでは、「アランウェイク」もその成功例なのではないでしょうか。

「怖い」と感じる要素を今の段階でまとめると

○常識の外にいるモノに対しての恐怖
○不気味な雰囲気
○暗闇などがもたらす、情報の不足による恐怖

あんまり今回もうまいことまとまらなくてすみません。
まだまだ文章力足りないなぁ…

また時間があるときに書いていこうと思います。

こんな稚拙な文章ですが、読んでくださった方がおられましたら、
ありがとうございました。
スポンサーサイト
ゲームデザイン | コメント:0 | トラックバック:0 |

「怖い」ことを考える

だいぶ更新飛んで申し訳ないのですが、
今回は「怖い」ということ、なぜ怖いと感じるのかを
考えてみます。

まず「怖い」と感じるものを挙げていくと、

〇ゾンビ
〇ホラー映画
〇自分の苦手な生き物
〇お化け屋敷
〇夜(暗闇)
〇無力さ

などなど。では、どうしてこれらが「怖い」と思わせるのか。

一番目に考えられるのが、「自分の常識が通用しない、未知の存在」ということです。
以前、「バイオハザード」のゾンビを例に挙げました。

ゾンビは、現実で存在することはありえません。つまりは、自分の常識の外にいる生き物。
常識の外にいるから、自分の常識に沿った行動を取るとは限らない。
何をしてくるか分からない、不気味な存在。だからこそ、「怖い」と感じる。
(もちろん、グロテスクな見た目なども関係すると思いますが…)

ゲームにおいては、初代「バイオハザード」がうまく活用していると思います。
何をしてくるか分からない生き物が相手だからこそ、最新の注意を払いたい。
でも、カメラワークは固定されて自由に見渡すことができない。
すると、聴覚からの情報も考慮にいれるようになる。そして、
聴覚から得た情報というのは、周りの静けさ、不気味な音楽、
ゾンビが歩いて床がきしむ音…いずれもプレイヤーを深いゲームの世界に招き入れて、
恐怖を感じさるのではないでしょうか。

少し長くなってきたので、また書けたら続きを書いていきたいなと思います。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。


ゲームデザイン | コメント:0 | トラックバック:0 |

毛抜きって、すごい

どうもこんばんは~
先日の記事で何を血迷ったか臭いこと言ったマスオです。
今回も色々と血迷っております。

というのも、さっき手に刺さってた木のトゲがようやく抜けたところなのです。
幸い、一部分が手の皮の外に露出していたので、そこを引っ張って抜くことが
できたのですが、昔からこの木のトゲには色々と嫌な思い出が。

小学校の頃、友達と遊んで帰ってきたら、木のトゲがおしりに刺さってて、
しかも皮の中に入ってしまっているという状況。

結果、そのときはよく加熱消毒した針をケツに突き刺して
引っこ抜いてもらいました。

もう、昔から針というものにはろくな思い出がないのです。

と、言うわけで何を言いたかったのか。
さっき木のトゲを抜くときに母の毛抜きを使ったのですが、
もう嘘みたいにすぐトゲが抜けますねホント。

も~昔みたいに焼いた針をケツにぶっさすということしなくて
助かりましたホントもう。
(私は昔、注射針で針に対してトラウマができたので)

はい、今回何が言いたかったのか。
もう自分でも分からんのですすみません。

以上、血迷ってマスオでした。
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドタバタ大阪、ひんやり雪の東京、昔と今の自分

またまた更新が滞っちゃってすいません;;w

で、昨日は就活で東京に行ってました。
いつも時間には余裕を持つように心がけているのですが、
就活の時、特に東京などの遠出の時は最低1時間の余裕を持つようにしています。

そして当日事件発生。
関東の方は分からないのですが、関西のJRは結構頻繁にトラブルが起きて、
多いときには1週間の内3日は時刻どおりの運転をしていないことも。

話を戻して、その当日、電車が約50分ぐらい遅れが出ていました。
新幹線の指定席を取っていたのですが、当然乗れなくて、チケットを
別の新幹線の指定席のものに変更してもらったりと、終始ドタバタしてました。

企業の選考会には15分ぐらい残して何とか間に合ったのですが、
時間には余裕を持ったほうがいいと感じた昨日なのでした。

で、新幹線の窓から景色を眺めていると、東京駅に着いたら
雪はもう積もっていなかったのですが、品川辺りまでは雪が屋根に積もっていました。

関西の方では、というか大阪では雪が積もるほど降っていませんでしたし、
私の地元ではそうなのですが、雪が降ること事態があまりないので、
ちょっと新鮮でした。

私がまだ小学生の頃は、雪が積もったりしたこともあったのですが、
最近は積もることもありません。あの頃はホント今では考えられないほどやんちゃで、
雪が降ったら真っ先に雪だるま作ってた記憶がありますw

そのやんちゃなときから、すでにゲームデザイナーになりたい、と言っていた
記憶もあります。小学生の頃、卒業式で一人一人自分の夢を言うことが、卒業式の
プログラムの中に組み込まれていました。そのときも、私は
将来はゲームデザイナーになる、と言っていました。

あの頃と比べると随分と状況は変わりました。
けれども、あの頃と現在でも同じ部分を持った自分がいます。

いつか子どものような無邪気な一面は消えてしまうかも知れません。
けれども、昔と変わらない部分は持っていたいと思ってしまいます。

昔の自分が遊んでも楽しかったし、今遊んでも楽しい、昔と今の自分が「楽しい」を共有できる
ゲームを未来で作れるように、今の自分が未来の自分にバトンを渡せるように、がんばらないとですね。
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

PS3 MAG キルを上げるための基本

今回は、私がMAGを始めて間もない頃、まだキルレが1を超えるか超えないかの
時点で、キルレを挙げるために気をつけたことを、個人的な意見ですが、
書いていこうと思います。昔の記事と少し被っていたらごめんなさい。

①自分の装備に合わせた戦術を取る

 レベルの高い人になると、センサー妨害装置などを持った
奇襲攻撃が可能になりますが、まだ成長段階の人が同じようにプレイしても
結果は悪くなってしまうと思います。
 そこで工夫するのが、自分の装備に合った戦術を取ることです。例えば、
アサルトライフルを持っているならば、味方が固まっている場所から攻撃するのではなく、
アサルトライフルの比較的正確に弾が飛んでいくことを利用して、敵の側面から
攻撃したりした方がいいです。
 攻め全般に言えることですが、一箇所に全員で攻めるのではなく、何人かで
グループになり、多方面から攻めるようにする、つまりは、敵が対応しにくい状況を
作ることが、勝つことにもつながり、自分のキルレをあげることにもつながります。

②敵の攻めの傾向から熟練度を把握する

 シルダリヤA(攻めだと、崖の方からスタートする方です)を守っていると、
敵がクランなどで固められた部隊と、野良部隊の場合では攻め方に大きな違いが現れます。
 クランで来る場合は野良部隊と違って広範囲に広がり、拠点に正面からぶつかるのではなく、
崖の方から、あるいはC方面に行く線路がある中央ルートから攻めてくることが多いです。
要するに、正面からの攻撃がない分、別のルートから来る戦力が大きくなり、
それを気づかずに正面でずっと待ち構えていると、正面を守る人が多ければ多いほど、
別の方面を守備する部隊の戦力が小さくなり、結果として突破を許してしまいます。
 ですので、慣れてきた場合は最初の敵の行動を観察し、相手の力量を測る事によって、
その後の防衛指針を定め、デス数を減らすことができます。

③味方に合わせる練習をする

 拠点付近で銃撃戦になっていると、攻撃している味方が一旦物陰に隠れようとすると、
周囲に医療キットを構えた味方がいて、その味方が退路をふさいでしまって結局
負傷した味方がそのまま隠れることが出来ずに排除されてしまったことが結構あります。
 サポートしようとすることはMAGのような大規模な戦闘を行うゲームでは必要ですが、
同時に味方であればどうしたら助かるかを考えることが大切です。
 例えば、今の場合ですと、味方が負傷したら物陰に隠れるので、味方とは一定の距離を
取りつつ周囲を警戒し、味方が負傷して物陰に隠れたら医療キットで回復を行い、
代わりに自分が今度は銃撃側に回る、といったように行動します。
うまくいくと、負傷した敵にそのまま追撃をかけ、キルすることもできます。
味方に合わせるように練習することは、集団での行動に慣れてきますし、行動を先読みする練習が出来ます。
行動を先読みする技術は、敵の行動を先読みすることにもつながり、キルを稼ぐことにもつながります。
  
とりあえず、3点ほど書いてみました。
また追記で書き足すかも知れません。

それと、またまた文章が長くて分かりにくいものになっちゃってすいません;
参考になれば幸いです。
PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |

就活近況 vol.17

3月の卒業まで後もう1ヶ月と少し。

私の最近の近況は、卒論の仕上げに入ってる一方で、
今の時点で、一月には東京2回行く予定なので、その準備に入っています。

2回の内1回は、去年から東京に行くことが決定していたことなのですが、もう片方は、
もしかしたら私が見逃してたのかも知れませんが、今までサイトなどを覗いてみても
説明会を開催していなかった、通年採用の企業が2013年卒業予定者を
対象とした合同説明会に参加します。

今まで開催してくれないかなと思っていたので、うれしい誤算。
また、去年から色んな作品に触れるようにしていたので、少し企画書と仕様書の幅が
広がったように感じます。

もうこの時期での内定獲得は確かに厳しいものがありますが、
厳しいからと言って行動を起こさないのはもっとダメだと思っているので、
まだまだがんばっていきます。



プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

MAG 車両破壊・活用術

だいぶ間隔空いてしまいましたが、今回は車両を破壊するための
コツと、車両を活かすためのコツを書いていきたいと思います。

①軽車両のバリケード

 軽車両が使える戦闘、特に襲撃作戦においては、軽車両をバリケード代わりにすると良いです。
よく襲撃では、敵に奪われた輸送車両に、砲手が乗り込んだ軽車両で追跡するのを見かけますが、
輸送車両が軽車両の攻撃により大破するのはあまりありません。
 それよりも、輸送車両が絶対に通る道に軽車両で行く手をふさぎ、その間に味方の援軍を
待ったほうが、輸送車両を破壊できるケースが多いです。

②輸送車両の破壊は、気の緩んだ瞬間を

 輸送車両を破壊する際には、できるだけ輸送車両の運転手が油断する瞬間を狙ったほうがいいです。
例えば、エルク湾の防衛において、(一方だけだったかな?)防衛側は、
敵の輸送コンテナのところまで行くことが出来ます。この輸送コンテナの中に地雷を仕掛けておくと、
結構引っかかることが多いです。
 実際、私は輸送車両のトロフィーを獲得するに当たり、コンテナ内部に地雷を仕掛けることで、
たくさんの輸送車両を破壊することができました。また、輸送車両をギリギリまで破壊しないことは、
コンテナに新しい輸送車両が出ないことでもあります。つまりは、かなりの時間を稼ぐことにもつながるため、
防衛側の人にとっても結構喜ばれます。

③軽車両でのパラキル

 個人的にパラキルは好きではないのですが、軽車両のタレットを使ったパラキルは、
かなり攻撃側にとって嫌なことです。なぜなら、軽車両のタレットは結構連射が利き、
また威力も十分なので、前線での戦闘が苦手な方にはオススメできます。
 また、恐らくパラキルし損ねた敵も出てくると思いますが、一旦軽車両を
別の場所に移し、様子を見計らって、今度は拠点に向かう敵をひき殺しに行くと、
結構なキルを稼ぐことができます。ただし、しばらくやっていると、敵が
仕返しに車両地雷を仕掛ける可能性が高いので、注意が必要です。

④APCを足場にする

 制圧作戦などでは、APCを運用することも多々あると思いますが、このAPCを
ただリスポンだけに使うのではなく、足場にして、奇襲を仕掛けるルートの作成に
役立てると良いです。
 例えば、フロレス湾の攻撃において、拠点の外壁にAPCを止めることができると
思いますが、APCに向かってジャンプし、APCの上に飛び乗った後、
一気に屋根まで登る事で、門を破壊する時間を待つことなく、イレギュラーな攻め方ができます。
敵が対応してくる可能性もありますが、少なくともこの攻撃ルートを使用して間もない頃は、
敵は気づかないことが多いので、奇襲に役立てることができます。


とりあえず、4点ほど書いてみました。
個人的な意見なので、もし何か間違い等がありましたらすいません;
少しでも役に立てば幸いです。
PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |

手薄な領域

こんばんは!
初売りのPSvita買えなかった落ち武者マスオです;;w

去年から色んなジャンルのコンテンツに触れるようにしてますって
前書いたかも知れませんが、最近なぜか色んな本を読み漁っておりますw

文庫本とかに加えて、去年初めてライトノベルを買ってみて、黙々と読んでます。
ちなみに今読んでる本は、

鴨志田一さんの、「さくら荘とペットな彼女」(電撃文庫)と、
梅原大吾さんの、「勝ち続ける意志力」(小学館101新書)、
秋元良平さんの、「盲導犬クイ-ルの一生」(文藝春秋)です。

「さくら荘とペットな彼女」は、アニメから入ったライトノベル(ラノベ)。
ちょっとネタばれですみませんが、主人公がゲームの企画書を作ってコンテストに出す
シーンがあって、私が最初に企画書を作った時に失敗したことがアニメにも描かれて、
共感してしまったことに始まりますw

「勝ち続ける意志力」は、アマゾンで評価が高くて安かったので買ってみました。
内容としては、ギネスにも認定され「世界一のプロ・ゲーマー」と呼ばれているらしい梅原さんの
頂点に経つまでの苦労から始まり、どうして頂点に経てたのかなどが書かれています。

「盲導犬クイールの一生」は、比較的古い本です。今からもう7年ぐらい前に出た本ですが、
ずっと記憶に残っていたので思い切って購入。私の家は昔からわんこがいない時はないというほど
犬と一緒だったので、犬関係のコンテンツの時点で涙腺が崩壊します。

…何が言いたいのか分からなくなってきましたw
ただ、今まで文章がほとんどという理由だけで敬遠してきたので、
だいぶ損してきたなぁと思います。

でも、逆に考えれば、今そのことに気づけてよかったとも思います。
ホント良い作品まだまだあるなぁ…

えー。今回もグダグダになってすみませんw;;
PS3の方には、1月中に1度顔を出そうかなと思ってます。
(ゲームの参考意見で聞きたいことあるのでw)

また顔を出したときは、よろしくです~w
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガンダムバトルオペレーション 今後の課題を考える

70万ダウンロードを記録し、今も徐々にダウンロード数を伸ばしつつある
「ガンダムバトルオペレーション」。より長く遊んでもらうためにはどうしたらいいか、
考えてみました。自分ならどうするか、どうしたらもっと面白くなるかを考えてみたものなので、
他の人から見たら面白くないかな…;
(一部、内容に誤りがあったらごめんなさい。)

1.現在プレイしているユーザーが持つ不満・願望

一.高階級になると、大概同じ機体が多くなる
(解決策)
低コスト機体と高コスト機体の再出撃時間の調整
出撃時間の、コストによる時間の違いを減らし、一律規定。
→プレイヤーに、再出撃に関する戦略を立てる楽しさを提供するため。
(例 コスト100~150→7秒 コスト150~200 15秒 以降、コスト50ごとに5秒追加 コスト300~ 30秒)
二.連邦・ジオン両軍のMSが共闘

(解決策)
連邦・ジオンと連邦ジオンの混成部隊の三つ巴バトル etc.

三.新ルール・MAPの追加
(解決策)
三つ巴バトル・歩兵の立ち回りの幅が広くなる、地下坑道MAP etc.


<新ルール・三勢力戦>(例)

<プレイ条件>
伍長以上であること

<ルール>
〇連邦・ジオン・第三勢力は、それぞれ最低でも3機、最高で4機の、合計9~12機体での戦闘を行う。
〇第三勢力の使用できるMSは、自分の階級より2段階下の階級で使用できるものとする。
(例 伍長5だと、一等兵以下で使用できる、または設計図が手に入るMS)
〇敵MSや拠点奪取によるポイントの獲得ポイントで勝敗を決定。
〇第三勢力のMSは、右肩のペイントのみ、赤いペイントになる。
〇戦闘時間は、7分とする。

<特別ルール>
〇第三勢力のMSは、敵からの攻撃に対し、相性によるダメージ増大がない。
(減少はある。)
〇第三勢力のMSが敵に与えるダメージは、相性によるダメージ減少がない。
(増大はある。)
〇第三勢力のMSは、バトル開始時に、基本HPに+1000。
〇第三勢力のMSの脚部は、上記の体力増加(HPに+1000)した後の、機体HPの60%とする。
〇第三勢力のMSで、コストが200以下の場合、再出撃時間が通常の半分になる。
〇第三勢力のMSで、コストが300以上の場合、再出撃時間が5秒早くなる。
〇連邦がジオン軍のMSにダメージを与えた場合、あるいはその逆の場合であっても、
ダメージ計算は通常通りに行う。

<このルールの特徴>
〇自軍MSの数が少なく、再出撃時間が長いMSは、デメリットが大きい。
→低MS(ジムやザクⅠ)が生きてくるようにする。
〇第三勢力の人に、相性を気にする必要性を少なくすることで、好きなMSで出撃できるようにする。
〇一方で、真剣勝負を楽しみたい人には、連邦・ジオンでの半通常通りの戦闘ができるようにする




四.クラン制の実装

(問題点)
クランメンバーとプレイする際に、片方がエネルギーが切れている etc.
(解決策)
ⅰ.クランメンバーとグループを組めるようにする。
ⅱ.クランメンバー(自分含む)2人以上で出撃する際、その日の初回のみ、出撃エネルギーを2個付与


五.ハンガーシステムの実装
(例)
MSに、アクセサリーを付けれるようにする
(具体例)
ザクⅡに、指揮官用ブレードアンテナを装備できるようにする
→また、アクセサリーを付けることで、スロット数が一増加するなどのメリットを付与
(ただし、アクセサリーの強化は補助的なもので、大幅な機体強化はできないものとする。)
…機体の個性の喪失を防ぐため。

六.一部MSの出現階級の調整 etc

個人的に即席で思いついたものを書いてみました。

自分ならどうするか、考察用に書いた記事なのですが、
もしも読んでくださった方がおられましたら、
ありがとうございました。
PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |

明けましておめでとうございます…!!

遅くなりましたがこんばんは~!
「~ます」という口調で喋ると「~マスオ!」と
口から出そうになるマスオです!

でもって、昨日考え事しながらヒゲそってたら、
見事にミスって血がブシャアと出血したマスオです!w

今日も今日とて、私の祖父の家に顔出してたんですが、
いとこの子ども(2歳)に、ものすごい勢いでじゃがりこを
差し出され、目にじゃがりこ突きを食らうところでしたw

ちなみに、違ういとこは、その2歳の子がむしゃむしゃと食べていた
じゃがりこの食べかけを、半ば強制的に口に押し込まれておりましたw

でも久々に親戚がそろったので、いいお正月になりましたw

以上、お正月の売り出しで、PSvitaとみんゴルとメモリーカード4GBが
全部で2万円の数量限定セットを冷ややかに狙っているマスオでした!
プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。