The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コンシューマーゲームとスマホゲーム

年が変わって1ヶ月経って、ようやく初更新となりました。
(もし継続してみてくださってる方いたらごめんなさい;;)

スマホのゲームがリリースされてもうだいぶ時間が経過し、
スマホゲームのCMも今では多く見られるようになりました。

スマホゲームを少し嫌っていた私でも、現在はコンシューマーのゲームよりも
スマホゲームをプレイしている時間の方が長いくらいです。

スマホゲームの利点として、どこでもプレイできるという手軽さと、
無料の体験版では一部分しかプレイできないコンシューマーゲームと違い、
アイテム課金を除いて、最後まで無料で遊べることがあげられます。

コンシューマーがメインであった私がスマホのゲームに多く手を出すようになった理由を考えてみると、
無料で遊べる、つまりは、課金したいと思えるゲーム内容かを確認することができるという点が
大きかったと思います。

コンシューマーでは、無料の体験版でゲーム内容を知ることができますが、製品版、つまりは
料金を支払って後に後悔することがチラホラあります。

例えば、ゲーム自体はおもしろいものの、ボリュームが少なかったり、やりこみ要素が
少なかったり。

スマホゲームでは、そういった部分が少なく、ゲームの完全な部分をユーザーに見せた後で、
課金するかどうかを選択できると言うことが、スマホゲームでは当たり前のことなのですが、
とても大きいように感じます。

その結果、優良なスマホゲームを多く見つけて、リスクを背負う必要がある
コンシューマーゲームの製品版を買わなくなる、つまりはユーザーのコンシューマーゲームに対する
購買意欲が失われるのではないでしょうか。

そして、メーカーは確実な利益を見込める有名なタイトルよりも、
コンシューマーで新しいブランドを確立することを避けるようになり、代わりに
コンシューマーよりも開発費の安いスマホゲームの新規タイトルをどんどん
リリースしていく。

したがって、コンシューマーゲームでは、既存の体験版のような
一部分を無料で出すのではなく、全てのゲーム内容を一定期間完全無料で
遊べるなど、ユーザーが「これならお金を払ってもプレイしたい」と思えるように、
また、課金しても(製品版を購入しても)後悔することが少しでも減るようにする、ということを、
最も力を入れないといけないように思います。

度を越えたバカな私の意見ですが、最後までお付き合いくださった方がいましたら、
ありがとうございました。
スポンサーサイト
ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。