The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

みかづきの麻雀記 ~好調?不調?七対子~

今日、久々に地元で麻雀をやってきました。今日は半荘のみ。
案外好調でした。

最初の1局目。配牌は見た感じ普通。平和も行けるし、少し手代わりすればタンヤオでも行けそうな手。
しかし、そこからツモがあんまり良くない。いらない牌が何回も来て、全然進まず、気が付けば1巡目から8巡目
ぐらいまで字牌しか捨ててない。そんなところに、相手からリーチ。速攻で防御モード。何とか放銃は避けた
ものの、結局、その対局で上がれたのは1回だけで、4位。

次の対局。
今度は先制で安手で攻めてみる。最初の東風1局。親の人には申し訳ないが、勝負事では容赦はしない。
親番をつぶし、次に俺が親版。さっき鳴きまくって流れが変わったのか、最初の手牌はあんまりよくない状態から
どんどん欲しい牌を積もっていく。最終的に、マンガン4000オール。まず少し抜き出る事に成功。
その後、何回か上がって、1位で終了。

次の対局。
最初に親番をやったけれども、違う人がツモ。跳満で6000点をくらい、いきなりいやなムード。そこから
染め手と見せるためのフェイクを自分なりに施してみる。索子を捨てまくり、まず相手に警戒させてみる。
でも、実際は染め手ではない。実際は七対子狙い。5、6索など、結構役の構成に使われている可能性が
高い牌をどんどん捨てて、相手にチャンタ狙い勘違いさせてみる。すると、字牌単機の地獄待ちで
上がり、跳満。しかし、今回よかったのはこれぐらい。親をつぶされ、でかい役も上がることができず、3位。

その次の対局。
また手牌が見事にバラバラ。順子につなげるのも難しそうだし、かといって暗刻を狙える配牌でもない。
字牌も多かったので、発想を変え、これだけいらない牌が俺のところにあるんだから、七対子狙ったら
いけるかな?ということで、七対子狙い。すると、見事に他の人にとってはいらない牌や、字牌が
回ってくる。しかし、途中から段々とツモがよくなってきて、一盃口の形も整ってくる。
私の捨牌も見た感じリーチかけても大丈夫そうだったので、リーチ。
すると、見事に振り込んでくれたので、ロン。倍満。親だったので24000直撃成功。
そこから一気に1位で終わりたかったものの、南3局。下家の朱雀の人が3位の状態から親番で猛チャージ。
さっきまで30000点あいていたのに、気づけば10000点差。5000以上のロンを喰らえば、
逆転される状況に。その親版は振り切ったものの、次のオーラス。俺の親番。
速攻で終わらせようとしたものの、朱雀の人が5巡目ぐらいでリーチ。
俺が弱いのもあるが、読む事ができなかった。そのため、とりあえず字牌を捨てて様子見。
すると、朱雀の人がツモ。跳満。見事に逆転され、結果、47000点で2位。

なんだかんだで、今日は1位が3回。2位が1回。3位が2回。4位が1回。
オーブは一応数は増えて、現在玄武5段。気づけば、前までは初段から上がれない状態だったのに、
今は級位に降格することはなくなった。けれども、まだまだ強い人がいるし、もっと強くならなければ。
黄龍までまだまだ長い。
スポンサーサイト

麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<地デジ化進んで | ホーム | 暑い…>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。