The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MAG 隊長指揮

今回は、隊長になったときに、どう指揮すればいいのかを、私なりの考え方で書いていきますね。
一応、襲撃や制圧での指揮を想定して書きますが、できる限り妨害でも使える事も書きますね。

①まず始めに
隊長で注意しなければならないのは、指揮とはまったく関係ないかも知れませんが、対戦が始まってすぐの
リスポン地点(復活地点)変更はしないほうがいいです。なぜかというと、初回のリスポン地点選択のみ、
その分隊の隊長が選択したリスポン地点と同じリスポン地点に隊長以外の人もリスポンしてしまうからです。
そのため、例えば、襲撃の防衛で、自分が隊長をしているときに、対戦開始直後にリスポン地点を変更したため、
最初のリスポンに出遅れてしまったという場合、自分のバンカーは誰一人いない無防備な状態となり、
除外投票を受ける可能性も高いので、注意したほうがいいです。

②慌てず冷静に状況判断
隊長になると、他の場所はどうなっているのか、など状況を把握する必要があります。例えば、自分達の
守っているバンカーは敵がまったく来なくて、周辺を見渡している、などの状態だったら、自分達の反対側が
総攻撃を受けていて、援軍が必要な時などが考えられます。そのため、隊長になったら、定期的にMAPを開いて、
今どんな状況なのかをしっかり把握するようにしたほうがいいです。

③芋ることは負ける事に直結
隊長で最もやってはいけないことが、指揮もせず芋ること(延々と同じ場所に留まってのスナイパー)です。
なぜかというと、隊長は他の人よりも能力が高くなっており、前線を上げる能力が高くなっているからです。
なので、前線にも行かず、芋をすることは、隊の人の戦意を喪失させ、どんどん隊の人が
抜けていってしまうので、隊長になったら、状況も見つつ、前線をあげる必要があるので、
結構忙しいです。

④中間ポイントを活用する
制圧で手馴れた人を相手にするとよくあるのですが、MAP上に何も表示されていないところに敵のAPC(敵の
リスポン地点)があるときがしばしばあります。こういった場合、相手のAPCを見かけたら、そこに中間
ポイントを置いて、他の人の注目を集めるようにするといいです。こうすることで、もちろん、無視する人も
いますが、その中間ポイントがあらわす意味を理解して、敵のAPCを破壊するように動いてくれる人が
出てきます。なので、中間ポイントは、自分が他の人に攻撃ルートを指示するだけでなく、
APCの位置を教える事ができますので、守備をするときはやってみるといいです。

⑤時には修理を第一に指揮する
バンカーが落とされた時などには特に重要ですが、隊長はただ前線に行くだけでなく、状況を見て、
必要であれば修理を要請しなくてはだめです。実際、前線に行ってて、隊長が目標に設定して初めて
バンカーが落とされている事に気づく人もいます。また、バンカーも全て落とされ、アルファベット地点防衛の
時に、敵のリスポンが速くて敵が拠点を制圧している状態が長く続いている場合は、迫撃砲を使って、
敵のAPCなどの復活地点を迅速に破壊するようにするといいです。迫撃砲が壊れている場合は、
修理を要請し、味方が修理をしているときは、自分が護衛につくなど、役割分担も大切です。

⑥攻める時は端っこのバンカーから
隊長で攻める時に、燃焼塔に目標を設定し、燃焼塔を取りに行ったり、
その付近を通って正面からバンカーとぶつかろうとする人がいますが、
これはやめたほうがいいです。なぜかというと、燃焼塔は取っても取られたらそれまでですし、
何よりバンカーを落とさない限り、敵が再度確保する可能性が非常に高いからです。そのため、
まずは端っこのバンカーに目標を設定し、落としに行く時に、
できるだけ外回りでバンカーに近づくようにするといいです。
そうすると、野良(どこのクランにも属していないフリーの人)で経験が少ない人たちを相手にしている場合、
燃焼塔付近に集結していることが多くバンカーに爆弾が設置されても、無視したり、バンカーに急いで戻っても
すでに遅かった場合などがよくあるからです。そのため、まず、攻めの場合は、外回りの道を使って、
端っこのバンカーを落とすようにするといいです。

⑦時にはセオリーにはない攻め方を
襲撃などで、相手が端っこのバンカーから来る事を想定して、端っこに戦力が集結しているときもあります。
そういった場合、守備側が有利で、なかなか落とせないと思います。そういったときには、セオリーにはない
攻め方をして、相手をかきまわすといいです。例えば、端っこのバンカーを守るために戦力を集結しているなら、
真ん中のバンカー付近は警戒が少し薄くなっています。そこを利用して、真ん中のバンカー付近を通って、
対空砲を破壊しに行く、などが挙げられます。こうすることで、端っこのバンカー警護の敵の数が減り、
バンカー警戒が薄くなると同時に、端っこのバンカーと対空砲の爆弾解除のどちらに行けばいいか、
迷って時間だけが過ぎていくこともありますので、こういった敵の指揮系統を乱すことも
攻めの隊長には必要です。

少しぐちゃぐちゃに書いてしまいましたが、隊長を指揮するときに注意が必要なことは、まだまだ
あると思いますが、ここまでにとどめておきますね。また書き足すかもです^^;
説明が下手なので、分からない事が出てきたら、また言ってくださいね~。

スポンサーサイト

PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<MAG 最近の状態 | ホーム | これはこれで>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。