The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

みかづきの麻雀記 ~起死回生の国士無双~

インターンシップの面接を終え、その帰りにちょっと麻雀。
半荘好きなので半荘のみ。

最初の半荘戦。
ツモは比較的良かったものの、相手の方が1枚上手。
染め手で大物狙おうとしても、相手の方がやっぱり速い。
結局、俺はあがることがなかなかできず、かつ、俺だけノーテンのときも結構
あったので、3位という結果に。ちなみにプロCPUで和泉由希子プロ参段参戦。見事に惨敗。

次の半荘戦。
今回初めてまたまたプロCPUだけれども、伊藤優考プロ九段参戦。
何というか、全然かなわない;いつ聴牌になったのか分からないし、
何で貼ってるのかすら分からない。それに加えて、聴牌になるのがかなり速い。
結局、伊藤プロCPUにボコボコにやられてまた3位。

次の半荘戦。
流れが変わらない。さっきから全然あがれないし、大物を仕上げてもダマに泣かされる;
そんな連鎖から抜け出せないで、南1局を終える。その時点で、1位は41000点。
3位でも27000点ほどあるのに、俺は9200点。ビリになる確率が徐々に高くなってきてた。
南2局。俺の手は見事にバラバラ。どの役からもほど遠かった。
そういうとき、俺は大概七対子を狙う。そうすると、今まであまり振り込むことも少なかったから。
中盤になって、少し困った。トイツで出来てた9sをもう1枚引く。ここで長考。
トイツはあんまりないけど、このまま三暗刻を狙うか。それとも七対子を狙って打つか。
頭の中では、この2つだった。けれど、気づいたら自分のツモを信じて、国士無双を狙いに行ってた。
俺は七対子を作るときの癖で、字牌と、1、9を多く残す癖がある。
その癖のおかげで、まだ国士無双の可能性が残っていた。そこから、トイツになっていた2sを落とし、
次に9sを暗刻になっているものを1つまで減らす。そこからは自分のツモを信じるしかない。
そうして行くと、イーシャンテンまでは行った。けれど、もう残り牌の数は1桁。
半分あきらめかけていた、そのときに、欲しい2つの牌のうちの1つの南をツモ。
土壇場で聴牌。待ちは發。河には2枚切れている。
祈るように待ってみる。すると、対面の朱雀の人が、特にためらう事もなく、發を河に捨てた。
そのときに、久々に見る役満のエフェクト発動。4位からの起死回生の手が実る。
朱雀の人は1位。その人に直撃させたことで、俺が逆転で1位に。
そこから何とか守り抜き、1位を死守。しかし、次の半荘戦は2位で終わってしまった。

麻雀はホントにおもしろい。あきらめなければ、逆転の手は残されているから。
そういうところも麻雀のいいところの1つで、俺がこれだけはまっている原因の1つなんだろうな~。
スポンサーサイト

麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ありゃ~… | ホーム | 流動>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。