The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ACⅤと鍋島プロデューサー

今日、電車の中で暇つぶしにACⅤについての記事を
読みあさっていたら、たまたま、鍋島プロデューサーの
インタビューの記事を見つけてずっと読んでいました。
そんな中、ある言葉が印象に残りました。その言葉というのは、
ACⅤはかなりの製作期間を経ての発表ということについての
コメントで鍋島Pが言っていた事なのですが、
「今まで作っていたACは、従来のACの延長線上を行くものだった。
しかし、それではダメだという気持ちになり、作り直す事にした。
一個上のステージへ上がるために、何か新しいことをしなければ
と思ったんです。」と、鍋島Pはコメントしていました。

私はこの「新しいことに挑戦する」という鍋島Pの言葉に
ちょっと電車の中でジーンとしておりましたw
新しいことに挑戦する、というのは、それだけを見ると
当たり前のことなのですが、ACを色んな人に楽しんで欲しい、
ACというブランドを存続させていきたいという
強い信念に少しジーンとしてしまいましたw

これに関しては、社長との会議を経てだったそうですが、
それでも信念を最後まで貫きとおしたのはすごいと
思います。また、その信念を受け入れた社長も
すごいと思いました。
こういった人たちがいるから、この会社は
デモンズソウルなどのヒット作を産むことができたんだなって
思いました。

長々と、稚拙な文章ですいませんw
読んでいただいた方、ありがとうございました!
スポンサーサイト

ゲームメーカー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<テスト期間 | ホーム | カプコンとバイオハザード>>

コメント

本来であればAC5は昨年末に販売するはずでしたからね・・・でも紆余曲折して今秋までの延長・・・・自分の予測の範疇ですがそうなった経緯にはFMイヴォルブの大コケの影響が大なり小なりあったのかと想像しています。コンセプト的にAC5と似通っていたエヴォルブがぶっこけた・・・もちろんシステム的な不具合が大きな要因でしたがこのままAC5をだしてはいけないってフロム陣が思ったのではないか?と思っています。そしてフロムの看板タイトルであるAC(商業的には実はデモンズの方が売れていますがあれはSCEが販売元になってるからフロム的にはそれほどオイシクはなかったりしたのですが。。。。)はもっと上の段階に行かねばならないと判断したものだとおもわれます。でもそれこそこのまえいったバイオ5やFF13も新規ユーザー獲得、世界基準といった流れの中で変えていったのですがね・・・ともあれACV、楽しみなことは間違いないですwフロム期待してますw当たらしいことに挑戦することは勇気がいります。特にAちゃ10年以上にわたってやっているコアユーザーがいます。それらコアユーザーを満足させつつ新規を獲得することは並大抵ではなくなおかつ世界でも売れるソフトを作らねばならない・・・自分が面白い!とおもっても他社はそうは思わないかもしれない。熟練したヘビーユーザーが満足するできであってもあまりに難しくては新規ユーザーを獲得できない・・ゲームを制作するものを目指すにあたって自分が面白いとおもってるだけではだめだってことをよく考える必要がある、ということを頭の片隅に置いておいてください。もちろん第一に自分がおもしろいとかんじなければいけないのですが・・・・その為にはいろんなことに触れ合う必要があると思います。ゲームだけではなく私生活でのなにげない友人とのふれあい、面白い映画、そして面白い映画はなぜ面白かったのか?なぜ面白いと感じるにいたったのか?そして面白くないのであればなぜ面白くなかったのか?面白くない映画はどうすれば面白くなるのか?そういったことを日常的に意識していく必要があるとおもいます。大変ですが本気であの世界を目指すのであればふだんやっているゲームの中でもダメなところ、良いところ、を分析していく必要があるとおもいます。それらを把握して自分のものとすることができれば強い武器となるかと思いますw長々と長文かきましたがかつてクリエイターを目指していたものの独り言ですwちょっとでも役に立てれば光栄ですw
2011-07-19 Tue 21:14 | URL | シャドウ [ 編集 ]
>シャドウさん
アドバイスありがとですw
シャドウさんの言うとおり、分析することは本当に重要だと思います。
分析を行って、何がいけなかったのか、その問題を解決するためにはどうすればいいか、そして、その解決策を
実行した際に次はどのような問題が起こる可能性があるか。そういったことをしっかりと分析し、何より
考える事が必要だと思います。ただ闇雲におもしろいものを作ろうとしても、それは失敗する可能性が
高いのではないかと思ってます。分析することは、どんなことがあっても、欠かさないようにしたいですね。

また長々と、訳の分からない文章書いちゃいましたが、とにかく分析はシャドウさんの言うとおり、
重要だと思います。人の意見もしっかりと聞き入れることも必要ですし、クリエイターになるには
ホントに大変だと思います。けど、自分の夢を、そうそうあきらめたりできませんし、したくありません。
1度しかないこのときを、後悔のないようにすごしていきたいですね。
2011-07-23 Sat 22:21 | URL | SBR9547 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。