The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MAG 立ち回り方 ~妨害・シルダリヤアップリンク 攻め B地点~

今回は、シルダリヤのB地点の攻めについて、
私なりの考え方を書かせていただきますね。

B地点

前回、シルダリヤは攻略が厳しいと書きました。
今回のB地点もそうです。非常に難易度が高く、
蘇生や仲間の協力が必要不可欠です。
そのため、芋スナをするのではなく、自ら前に
出て、絶対に勝ってやる、という意気込みが
大切です。
では、具体的な攻め方ですが、私のオススメする
ルートは、AとBの間にある、Cへ向かうルートです。
このルートは、左右の道と比べて低いところにあり、
また、比較的敵の警戒が薄く、うまく行けば、
後ろから敵を一網打尽にすることが可能です。
まず最初に、最初の建物があるところまで進みます。
そのときに、左右と真正面から攻めるルートがあると
思います。そこで、攻撃軍から見て左のルートを選択、
そして、左に行くと、今度は少し見晴らしのいい、
目の前にトラックが止まっている道に出るかと
思います。そこを一気に左に進むと、今度は地面が
低くなっている、C攻めのルートに降りることが
できると思います。そこで、そのルートに降ります。
ここにいると、高低差を利用して、相手から少し
発見されにくくなります。
そのルートをまっすぐ進んでいくと、今度は
補給ポイントと、すぐ横に階段があると思いますが、
ここはスルーします。そうすると、また階段があり、
そこを登ります。すると、見張り台のようなものが
真正面にあると思います。そして、右を向くと、
さっき見たトラックがあると思います。
そして、そのトラックのすぐそばに、Bに侵入する
階段が、左右に2つあると思います。
そこまで敵に気づかれないように移動します。
その際、リスポンから復帰した敵が、さっきの
階段を登った場所から見て左側から来ることが
あるので、注意が必要です。もし、接近を
感じたら、今来た階段を戻り、やり過ごすと
いいです。そして、B拠点の後ろまで来ると、
左右2つの階段があると思います。
その階段の付近や登った先には、地雷がおいて
あることがたびたびあるので、注意が必要です。
そして、その2つの階段のうち、左の階段、つまり、
B拠点の攻撃軍から見て右側、B拠点にかかっている
橋の下にある補給ポイントに向かって
登っていく階段を使います。
登った先に、敵が匍匐状態で待ち伏せしていることも
ありますが、ほとんどがこちらに背中を向けているので
ナイフで排除します。
そして登った先で、パネルのある方を向くとAと同じく、
パネルのある場所まで行くのに2つの道が見えると
思います。ここでは、右側のルートを使います。
この右側ルートを行った先に、敵がいることも
ありますが、落ち着いてナイフなどで対処します。
パネルのある部屋以外の敵の排除が終わったら、
今度はパネルのある部屋の中に行きますが、
A地点と同じく、部屋の両端に敵がいることも
ありますので、心配であればグレネードを
使うといいと思います。それが終わると、
パネルを制圧できる状況になると思います。

①C攻めの、地面が少し低くなっているルートを選択。
②見張り台のすぐそばの階段を登る。
③守備軍から見て右と左の階段のうち、左の階段を
使う。
④登った後、パネルのある方を向いた状態から見て、
右の道を使う。
⑤パネルのある部屋に潜んでいる敵に注意しつつ、
制圧。

以上が、シルダリヤB地点攻めの、私なりの
攻め方になります。文章が長く、分かりにくかったら
ごめんなさい^^;
分からないところがあれば、教えてくださいね~。
長々と失礼しました^^;
スポンサーサイト

PS3 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<採血の恐怖 | ホーム | 他社のフレのブログリンク>>

コメント

思うんだが。
正面突破が無理で裏取りをする際に、Cに続く線路をまたいで、AとBが割りと近くに配置されてるよな。
おまけに、線路の上は敵が多いけど、その途中にかかってる、AとBを繋ぐ橋には敵が少ない。
一人で裏取りをしてやっても、さして意味がないってのは明白で、それと敵の味方の能力の差に大きく左右される。

フレ同士の分隊で行く場合は、あえて俺はリスポン地点を変えてみる、って方法を提案してみるがな。
全員隠密装備でさw
対岸にいる敵は攻撃しにくい、ってのもあるし、気づかれにくい。
線路に下りてると敵が待ち構えてることが多いから、特にB側からリスポン、線路手前の橋を渡ってA側に行き、建物の裏側を通って側面から攻撃を仕掛けるといいと思う。
3人くらいが敵のリスポン付近から裏取り、残り5人でタイミングを図ってAを取りにいく。
線路にいる敵は、割と橋の下をくぐった先にいることが多いから、それを利用して、A側の建物の裏側から、Cへ抜けて、さらに線路を防衛している数人に奇襲をかけるといいんじゃないかね。
奇襲をかけてから、Bはリスポンのタイミングを図って、裏取りを全員でしかけるといいと思う。チャンスの時間はたったの20秒だから、進行度によっては数人をリスポンの足止めに使う必要もあると思うが、一人で取るよりかは確実性がある。
人数が必要だから、普段は無理な作戦だがww
2011-01-08 Sat 16:09 | URL | ソラウタ [ 編集 ]
>ソラウタさん

意見ありがとですw
その方法もいいかも知れませんねw
ただ、何点か気になったことが
ありますので書きますね~。

まず、ソラウタさんの言う攻め方は、
人数が必要で、かなりの連携が求められます。
この動きをやるにはクランで行くしかないですし、
野良分隊では結構厳しいと思います。

次に、橋の上には敵が少ない、ということです。
もし、Aがボロボロだと、橋付近にも
結構敵がいます。それと、拠点にいるスナイパーの
攻撃を受ける可能性があり、少し苦しいのでは
ないでしょうか。

また、A、B地点まで攻めるのに、かなりの
時間を必要としていると思います。
この作戦中にバレたらかなりの時間のロスになる
でしょうし、侵入経路がばれると、待ち伏せされる
確率が高くなり、非常に厄介なのではないでしょうか。

また、今回、なぜ私がAやBで裏取りを、しかも
少人数で行う戦い方を提案したかというと、
裏取りのメリットにあります。
確かに、裏取りは危険な上、失敗する確率も
比較的高いです。
では、なぜ裏取りをオススメするのか。
それは、敵をおびき寄せることも
かねているからです。
例えば、裏取りが失敗したら、敵はそこを
少し警戒するようになるでしょう。
仮に、裏取りが成功し、拠点のパネルを
起動するところまで行っても、そこから
味方の増援が来てくれるまで耐えるのは、
確かに難しいです。
しかし、この両方とも、私の狙いどおりに
なると思います。どういうことかというと、
前者にしても、後者にしても、どこか警戒を
強めるということは、どこかの警戒が薄くなる、
ということでもあります。
特に、裏取りを成功して、拠点のパネル起動まで
行くと、その効果は絶大です。
なぜなら、恐らく何人かの敵は拠点に戻り、
その敵の数の分だけ、前線の敵兵の数が減り、
味方が突破しやすくなります。
また、1人で裏取りを行うと、他の味方に
影響しにくく、かつ、相手の多数に
影響を与えることが期待できるからです。
そして、私のオススメする攻め方は、
比較的裏取りルートの中でも、時間を短縮
できるコースを選択しました。
これは、味方が萎え落ちすることを少しでも
抑えるためです。確かに時間がかかる攻め方を
すると、成功率もそれだけ高くなりますが、
失敗したときの損害が大きく、時間がかかって
しまうというデメリットがあるからです。
そのため、シルダリヤでは、今回のような
攻め方をオススメしてみました。

長々となりましたが、実際、私の攻め方が
絶対正しいとは言えません。なぜなら、
ソラウタさんの指摘されたような難点を
抱えていますし、そのとき必要な攻め方は
ケースバイケースだからです。
ソラウタさんの提案する攻め方の方が
正しい可能性も、もちろんあります。
では実際に現場では何が必要かというと、
その時々に応じた作戦を立て、
柔軟に対応できる能力だと思います。
時には正面からぶつかり、時には裏取りで
奇襲する。
そういった選択の楽しみが、MAGにはあると
思います。だから、MAGは協力や、指揮と
言った要素が重要なのだと思います。

長々とすいませんです^^;
また意見があれば、教えてくださいねw
2011-01-08 Sat 20:58 | URL | SBR9547 [ 編集 ]
うん、まぁそだなw
俺も思っただけで、実際にはやったことないしw
ボロボロのときに、クラン1分隊とかでやるとできるかもな~、って思ったりもするが、そもそもクラン1分隊で出る場合、そこまで差し込まれることもないけどさw

ただ、前に出すぎていて、さっき言ったBからAにかけての橋の方から来られると、ガチで気づかれない場合もあるw
Bが仮にキープできていたとしたら、橋に敵がいる可能性も低いだろ?w
一分隊が奇襲なら、もう一分隊はほっとけば勝手に陽動してくれるw
もう一点、時間がかかっても、一回で開放できれば状況も変わるってことかな。
攻撃するときは、20分間の中で、落とせればいいわけで。
失敗するか成功するかは、ケースバイケースだし、運も当然ある。

一番大切なのはやっぱり柔軟性さね。
2011-01-09 Sun 02:31 | URL | ソラウタ [ 編集 ]
>ソラウタさん

確かにBがキープできているとき、橋に
敵がいる可能性は低いですねw
もしAがぼろ負けで、Aの敵がBに増援に行くなら
最初からリスポンをBにしてるでしょうからねw

なんだかんだで、やっぱり
シルダリヤは攻めるのが難しいですw
その分、勝ったときの達成感も
大きいですけどねw
2011-01-09 Sun 18:01 | URL | SBR9547 [ 編集 ]
ども足跡残しておきます!

MAGの話

最近、お誘いを受けて某。別のクランと行くことが多いのですが強い強い!

こちらが弱くても皆さんお相手しくれる
良い方たちなのですが

んーもうちょっと活躍したい!

まもなくMAG販売してから1年!

いいかげんプレイヤーの私には
まだやれることはたくさんあるので

読んで少しずつでも強くなれたらよいな

ということでこれからも宜しくお願いします
2011-01-12 Wed 14:14 | URL | iru [ 編集 ]
>iruさん

ども~Blueですw
あの人たちは強いですからねw
野良分隊相手では例え統率が取れていようと、
あの人たち相手では少し分が悪いでしょうねw
ゲームは楽しむことが一番ですから、
実力のことはあんまりガチになる必要はないかとw
もともと、うちのクランはのんびりやるクランですし、
気楽に行きましょうw
2011-01-12 Wed 18:52 | URL | SBR9547 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。