The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

感謝とお詫びのパッケージ

今日、感謝とお詫びのパッケージをプレイしようと
思って、起動したんですが、なぜかアカウントが違うから
プレイできないとのことw

元のアカウントに戻したり、色々やって、とりあえず
1本だけ、プレイできるようになったので早速やってみました。

私がダウンロードしたゲームは、
「勇者のくせになまいきだor2」ってゲーム。

このゲームは、昔名前は聞いたことはあるけれども、
プレイしようとは思わなくて、今まで機会が
ありませんでした。

ですが、今回、ソニーのユーザーへのお詫びという形
で、このゲームをプレイすることができました。

やってみての感想は、予想以上におもしろいなって思いました。

このゲームはどんなゲームかというと、
プレイヤーがRPGで言う、破壊神となり、モンスターが
うようよいるダンジョンを製作し、やってくる勇者を
ぼっこぼこにするゲーム。

破壊神とか、魔王とか、勇者とか、幼い頃は良かったけれども、
大人になって、口に出すのがちょっと恥ずかしいワードが
ありますが、このゲームでは従来の魔王の印象とは
全く違います。

このゲームに出てくる魔王は、すごく味があって
おもしろいキャラで、ゲームをしていて、思わず
くすっと笑ってしまう部分もありました。

グラフィックは今となっては旧世代の、ファミコンのような
画面ですが、それもまた、今となっては逆に新鮮で、
私の場合は、特に気にはなりませんでした。

まだクリアしていませんが、このゲームは特に難しい
操作とかは必要とはせず、誰でも簡単にできてしまいます。

かといって、簡単というのではなく、しっかりと
頭を使わなければクリアできないので、
はまれば何度もプレイしてしまいます。

私が、このゲームで、最も好感を持ったのは、
今となっては主流となった、きれいなグラフィック、
声優を使った臨場感の演出の強化とか、
そういったものが、一切ないところです。
(まだクリアしてないので、もしかしたら
少しあるのかも知れませんが)

こういうゲームを、今のゲーム業界では
必要なのではないでしょうか。

私が言いたいのは、先ほど述べたグラフィックの
ことや、声優さんのことではありません。

このゲームは、現代の主流を無視して、あえて
昔のスタイルで出した。

つまり、グラフィックに頼らず、声優さんにも頼らず、
独自のアイデアと、それぞれのキャラの位置づけ、
そういった、昔のゲームでは特に重要であった要素を、
しっかりとこのゲームでは盛り込んでいるように
私は感じました。

シンプルだけれども、工夫されたアイデアだから、
グラフィックがなくとも、声優さんを起用しなくても、
十分にプレイヤーの人を楽しませてくれる。
また、グラフィックの点に関しても、キレイなグラフィックが
主流となった今だからこそ、あえて昔のような
グラフィックにして、新鮮な感じを出しているのではと、
私個人の意見ですが、私は思いました。

思えば、何気にソニーのPSPのゲーム(アクワイアさんの
製作で、ソニーの販売かな?あまり詳しく知らなくてすみません;)は
今回が初めてのような気がします。

自分が今までプレイしたことのないメーカーの
ゲームをプレイしてみると、他のメーカーのゲームとは
また違ったおもしろさを感じさせてくれます。

なにより、私はこういった、アイデア勝負でユーザーに
ゲームを提供してくれるメーカーさん、開発チームの人が
いてくれて、少しうれしかったです。

個人的な意見ですが、今のゲームは、スクエニさんだけならず、
最近ではカプコンも、ブランドの名前にしがみついて、
中身は手抜きといった感じが増えてきた感じがします。

その中で、こういったゲームは貴重で、学ぶべきものが
多いのではないでしょうか。

長々と、稚拙な文章ですいません。
あくまで、まだまだ未熟な私の意見ですが、
読んでいただいた方、ありがとうございました。

スポンサーサイト

ゲームメーカー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<PS3 AC ACと挑戦 | ホーム | T.M結成1周年!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。