The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Vita

今日、アマゾンを覗いてみたら、PSVitaの予約が
開始されてました。発売日は12月17日、確か、
3GとWifiが使えるタイプと、wifiのみのタイプが
ありましたが、3GとWifiモデルは3万円ぐらいでした。

ヴィータのアクセサリーとして、専用のメモリーカード
(名前忘れましたw)も予約開始ですが、やっぱり
高いですね~wどうしても今のSDなどと比べると、
割高な気がしますw

前に電気屋さんで買った4GBのマイクロSDは500円。
対して、現在、アマゾンで予約が行われているメモリー
カードは、4GBで2000円ほど。

ソニーさんではいつものことですが、専用のメモリー
カードを新たに作るのは、ユーザー側としては
やめてほしいですねw企業としては儲かるのでしょうけども、
あんまり一個人のユーザーとしてはうれしくないですw

ソフトの方は、まだ初期の段階だけあって、発売予定タイトルが
15本ほど。アンチャーテ(デ?)ット(ド?w)や、
ドリームクラブはある程度知名度があるので、結構
売れそうな予感w

ドリームクラブは、さらに、予約特典として、
ダウンロードコンテンツをつけるそうですね。
ドリームクラブに興味があって、ギャルゲー好きな人であれば、
購入に踏み切るかもしれませんね。

個人的に売れそうだなって思うのは、リッジレーサー。
何でそう思うのかというと、まず、リッジレーサーも、
ある程度は知名度があると思うからです。(3DSのリッジ
レーサーをかなり宣伝していましたし、名前を聞いたことが
ある人も前より増えたと思います。)

また、他のソフトと比べて、少し割安に設定されています。
他のソフトは大体5000円ぐらいしますが、リッジレーサーは
3300円ほど。ちなみに、一番安いソフトでUBIソフトの
ダーククエストで3000円です。

他にも、塊魂が、ゲーム本体に加え、液晶保護フィルムを
特典として付属させるなど、新規PSヴィータのユーザーに
手に取ってもらえる様な工夫が施されているように思えます。

私個人の意見としてですが、ヴィータのゲームを売るに当たって、
ゲーム内で使えるコンテンツよりも、液晶フィルムなど、
そういった実用的なものを特典として付けたほうがいいと思います。

例えば、ちょっと無理があるかなとは思いますが、PSヴィータを
買うに際して、メモリーカードが必需品になってくると思います。

なので、リッジレーサーなど、安い値段設定で売れるソフトに、
アマゾンで見てみたらありませんでしたが、2GBぐらいのヴィータ用の
メモリーカードを特典として付けてみると、おもしろいと思います。

実際、USBメモリーですが、ゲームの購入特典として付けたメーカーも
ありますし、ゲームだけでなく、幅広く使えるものを特典として
付けたほうが、個人の意見ですが、売れるのではと思います。
(私はまだまだバカなので、それに係るコストや、製造してくれる
メーカーとの問題などを完全に無視した意見ですが…^^;)

色々書きましたが、今後のヴィータがどうなっていくのかが
楽しみですね。また新しい風を吹かせて、ゲーム市場を
盛り上げてくれればなって思います。
後、何かヴィータ本体の仕様とかで間違えてたらすいません;;w
スポンサーサイト

ゲームメーカー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<待ちきれない | ホーム | 不幸からうれしい誤算>>

コメント

アンチャーデッド、だったかとw
俺も曖昧だがww

vita買うの?
俺はもう少し詳細を待って、UMDディスクを移行させるためのDL販売価格と、タイトルが分かってから検討するつもりよー。
2011-10-16 Sun 16:45 | URL | けもてっく(Falcram) [ 編集 ]
>けもてっくさん

Vita買うかどうかは、私の場合はまだ未定ですね~w
ただ、いずれ時間が経つにつれ、PSPからVitaへと
プラットフォームが変わって行きそうなので、
欲しいタイトルが出たら、ついつい買っちゃいそうですw
2011-10-17 Mon 18:22 | URL | SBR9547 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。