The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MAG 立ち回り方 ~妨害 シルダリヤアップリンク C地点 攻め~

前の記事の更新から結構遅れての
立ち回り方シルダリヤ編最終章です。
シルダリヤは全般的に攻めにくく、
AとBに比べればCはまだ脆くなったと
言われていますが、それでもまだまだ
何も考えずに特攻したところで勝てる
拠点ではありません。
Cで必要なのは、とにかく人数です。
それを如何にしてそろえるか、今回は
私なりの攻め方を書きたいと思います。

C地点

シルダリヤC地点は、他のC地点と違い、
敵の増援がCに来るルートがほぼ
限られているMAPです。
そのため、そのルートを使えなくすれば、
比較的優位な状況に立つことができます。
しかし、なかなかそれができないため、
落とすのに苦労することが多いです。
敵の増援は、だいたいはCにかかっている
左右の橋からC内部に入ってきます。
この橋を抑えることができれば、
勝利はグッと近づくと思います。
では、今回、私がオススメする具体的な
ルートは、難易度が比較的高いのですが、
攻撃軍から見て正面左の、左にある橋の
付近にある入り口から侵入するルートです。
なぜ、今回、このルートを選んだかというと、
比較的人数がそろえやすく、守りが少し薄い
からです。しかし、それでも結構堅いので、
油断は禁物です。
攻め方ですが、まず最初に、敵の芋スナの攻撃に
注意が必要です。結構色んなところから攻撃
してきますので、何もせず垂直降下していると、
確実に芋の餌食になってしまいます。
そのため、パラトルーパー(パラシュートで降下
中の状態)のときは、できるだけ左右に移動して、
狙いを定めさせないほうがいいです。
着地しても、芋の脅威は続きます。
真正面を見て、奥のほうに、パネルの上に橋が
かかっていると思います。そこから、結構な確立で
LMGやAR、スナイパーが攻撃してきます。
なので、真正面を移動する際は、付近にある鉄道の
陰などに身を隠しつつ移動する必要があります。
そのため、着地したら、即座に攻撃軍から見て
そばにある左の少し地面が高くなっている
場所に移動したほうがいいです。
まだ芋の脅威は少しありますが、攻撃の手数は
少し減ると思います。
そこに移動したら、今度は正面に少し暗くなってる
場所があると思います。今回の攻めでは、
このルートを使います。この少し暗くなっている
場所には、敵が物陰に隠れてたりするので、
グレネードや、毒ガスで煙幕を張るといいです。
ただし、左からリスポンして増援でやってきた
敵が乱入することもありますので、
すばやく行動することが求められます。
ここの敵を排除し終わったら、今度は右のほうに、
Cの大きな建物内に侵入する入り口があると
思います。そこから侵入しますが、まず
そこから見える範囲でいいので敵を排除します。
まず、入り口から見て正面の敵、次に、左の方に
いる敵を排除するといいです。
排除が完了したら、次は爆弾設置ポイントの方に
進むのではなく、入り口から見て真正面の方に進みます。
つまり、攻撃軍から見て建物内部の右側に移動します。
そこから爆弾設置ポイントの方にむき、
見える範囲の敵を排除します。その後、爆弾設置ポイントのある
コンテナ内部に侵入しますが、入り口や内部のいたるところに
地雷、もしくは敵の待ち伏せが警戒されますので、
もしまだ持っているなら突撃前にグレネードなどを
使うことをオススメします。
また、シルダリヤCの特徴として、爆弾設置ポイントが、
2つあります。(機械の表と裏)
そのため、爆弾を設置して、守備しているつもりでも、
もう片方から解除されることがあるので注意が必要です。
コンテナ内部での戦闘は、比較的銃器による戦闘よりも
ナイフでの接近戦が多く、銃器での攻撃では負けることが
多いので、注意が必要です。
以上が、シルダリヤCの私なりの攻め方です。

今回、少し分かりにくくなってしまいました;
もし分からないことがあれば、どんどん
指摘してくださいね~^^;
スポンサーサイト

PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<そういえば | ホーム | 初めての遅れて更新>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。