The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いじめ問題を考えてみて

最近、いじめ問題がよくテレビで放送されているので、
ちょっと真面目に、いじめ問題について考えてみました。

いじめ問題がなくならない理由を考えてみると、
その原因の1つとして、告発したことに対する報復への恐怖があるんじゃないかなって思います。
いじめられた側が先生や親に相談し、いじめている側、つまりは加害者が怒られたとします。
怒られているときは、いかにも反省しているように振舞っていても、後から
いじめていることをチクったことによって、さらにいじめが激化するんじゃないかなって思います。

先生に勇気を出しても後からまたいじめられるんじゃないか…。
そういった意識が、いじめの深刻化、事態の把握を遅らせる要因の1つとなっているんじゃないかなって
思います。

では、どうすればいいか。
あくまで私個人の意見ですが、小学校や中学校などの義務教育過程では
他の都道府県の学校への転校処分、高校などでは、いじめを起こした同一県内の学校への
入学を永久的に禁止すればよいのではないかと思います。

なぜこのような結論に至ったのかというと、まず1つ目に、チクっても逆恨みされて
再度いじめを受けないようにするために、どこか遠い場所に加害者を移住させなければならないという
考えがあります。これにより、被害者はチクってもまたいじめを受けることがなくなり、
加害者はその被害者の人に対してのいじめができなくなり、自分がいじめを起こしたと言う
事実が、テレビなどで大きく取り上げられない限り、あまり広がっていない別の都道府県の
学校で、再スタートできるんじゃないかなって思うからです。

2つ目の理由は、別の都道府県に移住する、ということで、両親への負担がかかり、
いじめの未然防止、親が子どもに対して向き合う姿勢を構築することにあります。
いじめを起こした生徒は、なぜいじめを起こしたのかというと、その理由の1つとして、
親が子どもに向き合わず、愛情不足だったから、ということが言われています。
そのため、親を子どもに向き合わせることで、家族間のコミュニケーションを
密にする必要があると思います。

いじめ問題は今でこそ大きく取り上げられていますが、昔から根強く残り、
絶えることがありませんでした。
自分より下位の人を作り出すことで、自分の社会的地位の確立をする人もいますが、
いじめは子どものときに行う、自分の地位確立行動の1つではないでしょうか。

また長々と、分かりにくい文章ですいません;
間違えていることが何かありましたらすいません;
読んでくださった方がおられましたら、ありがとうございました。
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<麻雀 調子のいいときの自分の特徴 | ホーム | 4年の試験>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。