The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ツンデレキャラの理論と活用

ゲームにおいて、度々登場するツンデレキャラ。
キャラが好きな理由として、ツンデレであることを
挙げている人もいるのではないでしょうか。

じゃあ、そもそもツンデレって何なのでしょうか。

〇自分の本心とは真逆の言動
〇ツインテール(キャラクターデザインにより、違うことも)
〇胸が小さい

ツンデレキャラの特徴としては上記のような感じです。
私の意見ですが、ツンデレキャラは、言い換えれば「子どもっぽさを持ったキャラ」
なのではないでしょうか。

小学生時代、みなさんは、好きな女の子(異性)に、
わざとちょっかいを出した経験があるのではないでしょうか。

この行動って、考えてみたら、
「ちょっかいを出す=嫌われるかもしれない」ということだと思います。
自分の本心としては、逆に相手に好かれたいはずです。

ならば、この行動は何か。それは、
ツンデレキャラそのものなのではないでしょうか。

そして、ツンデレキャラとは、小学生時代の経験をゲームやコミックなどに
反映させて誕生したキャラクターなのではないでしょうか。

ゲームなどでは、ちょっかいを出すのではなく、
キャラクターの発する言葉にその性質が表れています。これは、実際にちょっかいを出すと
プレイヤーが不快感を感じてしまうために、改良された措置なのではないでしょうか。

ツンデレキャラの本質が、子どもっぽさにある、と仮定すると、
「ツインテール」、「胸が小さい」という要素にも納得がいくのではと
思います。

ツインテールは、年齢を重ねるほど、ほとんど見なくなります。
現実世界で見るとすれば、それは小学生あたりに多く見受けられると思います。

胸が小さい、という要素も、キャラクター設定で、大人にこの要素を加えることで、
子どもっぽさを演出できるのではないでしょうか。

じゃあ、どういうゲームにツンデレキャラを盛り込むか。

それは、ターゲット層を比較的高年齢まで設定できるゲームではないでしょうか。

小学生時代を懐かしく思える年齢層がプレイして、
ツンデレキャラが醸し出す「自分が、小学生時代に経験した雰囲気」を
感じ、ツンデレキャラに人気や愛着がわくのではないでしょうか。


色々と自分の、ゲームにおけるツンデレキャラの理論と活用について
書いてみました。だいぶ変な方向にも飛んだので、ちょっと
視線が冷たいような気もします…^^;

それでも、読んでくださった方がいましたら、
ありがとうございました。



スポンサーサイト

ゲームデザイン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | ホーム | 公募推薦 私の過去>>

コメント

金髪ロングと・・・(以下省略)もツンデレだと思う。
ツンデレって、単発ツンデレよりも、色々な属性と組み合わせたカスタムツンデレの方が、需要があると思うんだ(切実
2012-12-09 Sun 18:26 | URL | けもてっく [ 編集 ]
>けもてっくさん

ツンデレキャラは、もう比較的メジャーなキャラの性格だと思うので、
バリエーションを増やすという意味でも、色んなツンデレキャラが
いたほうが、新鮮味もあっていいかも知れませんねw

金髪ロングは、盲点でした^^;w

金髪ロングについても考えてみると、
もしかすると、「小学生(子ども)に異性としての魅力を感じることに対する嫌悪感」を
防ぐための要素なのかな、と思っています^^;w

金髪という要素自体は、比較的高校生以上に多い要素です。

それを、小学生の要素を持ったツンデレキャラに加えることで、
「中身や見た目の一部は子どもなんだけれども、年齢的には大人」という
役目と印象を加えているのではないでしょうか。

つまり、ツンデレキャラを、ロリ扱いされて毛嫌いされることを防ぐと共に、
このツンデレキャラに好感を持つことは、なんら問題のないこと、という
自己正当化(実際に、心理学にあります)の補助的役割を与えているのではないでしょうか。

長文ですみません;


2012-12-09 Sun 19:12 | URL | SBR9547 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。