The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マグナカルタ2 ステージ1 風見島のデザイン分析

※ゲームデザインについて、自分用に作った記事なので、多分面白くありません。
※ステージ1という記述について、レベルという言葉を使ったほうがいいかなとは思いましたが、
 まだ実際に製品版のレベルをデザインした訳ではありませんし、ただ単に私が見えはってるだけの
 ようにも思えるので、使わないようにしました。

以下、面白くないと思ったことと、原因、解決策。

①チュートリアルが長く感じる
(原因)
ゲーム内に登場するキャラクターによる説明と、テキストによる説明の、2回の説明がある。
(解決策)
a.キャラクターによる説明をなくす
→ゲームに登場するキャラクターが「Xボタンを~」と説明していると、没入感が失われる。
b.テキストによる説明の簡略化
→①画面右下などに、プレイヤーにやってほしい内容を表示する。(Xボタンを押すetc.)
 ②プレイヤーが指示されたアクションを実行した場合、次のコマンドを、1回目のコマンド指示内容が
  表示されていた場所に表示。
 ③もしも全体のチュートリアルの流れが知りたい場合、スタートメニューで確認できるようにする。

②移動が面倒
(原因)
ショートカットがない。
(解決策)
 ステージ内に昇降機があるので、1度訪れたステージであれば、
 昇降機でスムーズに行き来が出来るようにする。

③「ガーディアン」の倒し方が違和感がある。
(原因)
ガーディアンに遭遇するまでに、ガーディアンに類似するセンティネルについて、
「戦場で何人もの兵士を殺している恐ろしい兵器」という説明をしており、実際に遭遇してみると、
体も鉄ぐらいの硬さを持つ素材で出来てそうなグラフィックなのに、主人公が木刀で倒してしまうこと。
(解決策)
a.別の倒し方
 ①ガーディアンは周囲にある柱からエネルギー供給を受けているため、その柱を壊すことなど。
 ②主人公あるいは別のキャラクターが、魔法などの能力を覚醒するなど。

④ただ単に移動するだけのゲーム内容がある。
(原因)
イベントなどで、一気に舞台まで移動してもいいのに、わざわざ道中に何の仕掛けもなく、
ただ移動するだけの作業がある。
(解決策)
移動だけならば、飛ばしてキャラクターを舞台まで移動させる。

以上、また追記があれば書き足します。
スポンサーサイト

ゲームデザイン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今年を振り返って | ホーム | 「さんかれあ」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。