The vault of heaven

ゲーム業界を目指して奮闘中の管理人のブログ。よろしくお願いします。カテゴリのリンクに、他社ブログの友達のリンク載せてます。よろしければそちらもどうぞ~。要望などがありましたら、カテゴリの要望を選択し、そこにある記事のコメントにお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MAG 強くなるためのちょっとしたコツ ルート選択

MAGの強くなるためのコツとして、今回はルート選択について書いていきたいと思います。
今回は、どっちかというと、強くなるためではなく、勝つためのコツになるかもですが、
とりあえず書いていきますね。

①共闘か、暴走か
攻めのとき、対戦が始まって、よく、人が大勢いる方に付いていく人がいますが、
私はあんまりそれはオススメできません。
確かに、大勢でいると、少数のグループよりも突破力があり、メリットもたくさんあります。
しかし、相手の方が強かったり、敵の方が数が多かったりすると、ただ単にカモにされるだけです。
攻めには、味方との協力も必要ですが、多方面からの攻めも大切です。なので、攻めをするときは、
比較的味方が少なく、敵の警戒が薄い場所にも向かったほうがいいです。もし、敵がいたとしても、
少数でしょうし、突破すれば、あまり敵に気づかれずに済み、その後に、敵が大勢いるところに
裏から強襲をかけ、一気に殲滅することも可能だからです。なので、攻めるときには、多方面から
攻めることを心がけると勝率は上がります。

②手馴れた敵はすでに侵攻コースが決まっている
例えば、シルダリヤA地点防衛で(守備から見て右に溝があって、前が崖になっている方)拠点で待機していると、
全く敵の姿を見かけず、どこに行ったのかと思うことがあると思います。その場合、敵はかなり強敵で、
苦戦を強いられたのではないかと思います。なぜなら、その敵は、あらかじめ攻めやすいルートを知っていて、
そのルートから要領よく攻撃を仕掛ける能力があるからです。つまり、慣れた人であればあるほど、
攻めに使うルートというのは限定されているのです。裏を返せば、そのルートを反対の立場になったときに
使えば、有効に攻めることができますし、強い相手かどうかを知るための方法にもなります。

③武器によって侵攻コースを変えてみる
ルート選択において、自分の使う武器も重要です。例えば、私の場合、普段はLMG(ライトマシンガン)、
MMG(ミドルマシンガン)、RPG(ロケットランチャー)、ナイフの4種類を使っています。
この武器で、私はよく、裏取りをしに行きます。LMGなどはサイレンサーをつけることができないのに、
なぜ裏取りをしに行くのか。その理由は、自分がおとりになることもできるからです。
私が裏取りをする場合、基本、ナイフで敵を処理します。そして、どうしてもダメなとき、
もしくは、こちらに注意をひきつけたいときに、LMGを使います。そうすることで、裏取りコースから
敵が来た、と相手は認識して、こちらに注意を向け、多方面から攻める味方への警戒は薄くなりますし、
裏取りが成功し、拠点を制圧できた後も、LMGの攻撃能力の高さによって、味方が到着するまで
持ちこたえることが可能だからです。色々と長くなってしまいましたが、まず、自分は真正面から向かうのか、
裏を取るのか、などを選択して、自分なりの攻めのスタイルを確立することが大切です。
そうすることで、相手も対応が遅れたりして、こちらに有利な状況を作り出すことができたりします。

とりあえず、私が思いつく限りのことは書いてみました。また何か思い出したら、修正、追加しときますね。
スポンサーサイト

PS3 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バイト | ホーム | 悪夢の連鎖>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。